Blog & News list ブログ・ニュース一覧

source store 周辺さんぽ 【星ヶ丘テラス】

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 こんにちは。source storeのSです。少し長めに年末年始のお休みをいただきました。今年は、新シリーズの発表や小物の新作発表も控えておりますので、どうぞお楽しみにお待ちください。 source storeは、名古屋市天白区にあり名古屋市内のお客様に多くご来店いただいております。オープンから数年経て、ありがたいことに名古屋市外や愛知県外からもご来店いただけることが増えてまいりました。そこでせっかく名古屋市内にお越しいただいているので、存分に名古屋を楽しんでいただけたら、と思い今年からsource storeの近隣のオススメスポットをご紹介したいと思います。今回は、星ヶ丘テラスについてご案内します。  
■星ヶ丘とは 星ヶ丘は、土地開発もされ治安も良いため、いつも名古屋の住みたい街ランキング上位にある土地です。星ヶ丘周辺には学校も多く、おしゃれ感度の高い若い世代が多く集まっています。三越もあり、いつも地元の人で賑わっています。名古屋駅からのアクセスもよく、地下鉄東山線で20分。source storeからは車で約10分ほどの距離です。   ■星ヶ丘テラスとは 道路の両側に専門店が並ぶ、ファミリー層にオススメの商業施設です。
無印良品UNIQLOもありますが、中部ではここでしかないショップも多く入居されているなど、他の商業施設では味わえない魅力があります。幅広いジャンルの専門店が並ぶので、散歩をしながら過ごすのもいいですね。都心部にある商業施設とは違い、ゆったりとした時間が流れています。 星ヶ丘テラス内は素敵なお店が多く、厳選するのが心苦しいのですが、今回はスタッフイチオシの飲食店を2店舗ご紹介します。   【星が丘製麺所】 名古屋といえば、きしめん!きしめん、、、美味しいですよね。 名古屋を代表する人気うどん店の麺職人2人によるお店です。お好きな麺、つゆ、トッピングを選んで、自分スタイルのきしめんを楽しめます。お手頃な価格で、昼間は幅広い世代の方で賑わっております。味はもちろん、内装も洗練されているのですが、どこか懐かしい雰囲気があり、ホッとできる場所です。内装に使われているパーツは長野県諏訪市にある古材と古道具のお店ReBuilding Center JAPAN(リビルディングセンター)から仕入れて、丁寧に仕立てられたものです。 店舗グラフィックもかっこよく、什器や家具なども名古屋で活躍するスペシャリストが手がけている店舗なので、ぜひこちらも注目していただけたら、と思います。 お土産も充実しています。おうちで手軽にきしめんが楽しめるのもいいですね。 星が丘製麺所 公式サイト ReBuilding Center JAPAN 公式サイト     【TT″ a Little Knowledge Store  / トド アリトルナレッジ ストア】 管理栄養士監修のもと、地元の食材や産地にこだわった食が楽しめるお店です。食材がフレッシュで、目でも楽しめる美しい食事やスイーツばかりで、食通の友人を連れて行くと必ず喜ばれるお店です。 お店では、文化的な発信もされておりライブやイベントなどが定期的に行われています。スタッフさんの応対も素晴らしく、いつ行ってもホッとできます。公式インスタグラムから伝わってくるヒト、モノ、コトへ対する熱量が高く、いつも刺激をもらっています。系列店が名古屋の栄にMaison YWE、東京の渋谷、神田にSta.もあります。 TT″ a Little Knowledge Store 公式サイト / 公式インスタグラム(@tt_a_little_knowledge_store) Maison YWE 公式サイト sta.公式サイト   [gallery link="file" size="medium" ids="3954,3953,3955"] 現在、星ヶ丘テラスではウィンターイルミネーションというイベントも開催されています。椙山女学園大学 生活科学部 生活環境デザイン学科の学生が実習の一環として制作したミニチュアハウスの作品が並びます。2022年2月28日まで開催されていますので、ぜひこちらもお楽しみください。  
星ヶ丘テラスには、今回ご紹介したお店以外にも、美味しいお店、真摯にものづくりをされているお店などもございます。ぜひ、お近くにお出かけの際はお立ち寄りください。 星が丘テラス 公式サイト 

ハッピーホリデーwithミュージック!

いよいよ今年も残すところあとわずかですね。こんにちは、source storeのmacoです。 皆さんは今年のクリスマス、どうお過ごしの予定でしょうか?私は今年、珍しく(?)段取りよくツリーを飾り、ケーキを早々と予約し、子供へのプレゼントも(お約束を守るという条件付きで)サンタさんへ依頼済みなので、当日はご馳走を食べるのみで準備万端です。 ところで私は寒いのがとても苦手なのですが、街に流れるクリスマスキャロルやその楽しそうな雰囲気は昔から大好きで、普段移動中や自宅で聴く音楽も、自然とこのシーズンに合う曲調のものが多くなります。 ということで今回は、おうちで家族だんらんで過ごすホリデーシーズンにぴったりなプレイリストをご用意しましたので、こちらでご紹介したいと思います。 少し前に同じ「家族だんらん」をテーマに、PUROのサークルダイニングテーブルを囲んだ様々な実用例を特集にした記事をUPしています。そちらもぜひご覧いただきながら、今年の冬のおうち時間の参考にしてみてくださいね。 →2021.11.19「家族のだんらんに、丸テーブルを」を読む  
sufjan stevens 「Lonely Man of Winter」 Sufjan Stevens (スフィアン・スティーヴンス) はアメリカ ミシガン州出身のシンガーソングライター。過去にスフィアンがファンからオリジナルのクリスマスソングを募り、選ばれた方へのお返しとしてすぐにこの「Lonely Man of Winter」 を作りました。のちにこの曲を含めたシングルを発表し、その収益はその時のコンテストで選ばれた方によって立ち上げられた非営利団体へ全額寄付されたというエピソードも。 優しいボーカルとギター・ピアノの旋律を聴いていると、まるで暖炉の前でうたた寝しているような温もりを感じます。   羊文学「1999」 日本のオルタナティブロックバンド、羊文学。今回プレイリストに加えたのは英語詞ですが、元は日本語詞で、2018年に発表したクリスマスソングでした。CDリリース当初は即日完売。YouTubeで公開されているミュージックビデオの再生回数は270万回を突破するなどリリースから数年経った今でも広く愛されています。今回は3年ぶりに再レコーディングが行われ、クリスマスシーズンに合わせてこのEnglishバージョンが配信リリース。シューゲイズ系のノイズまじりのサウンドと繊細なボーカルのメロディラインが儚くも美しく、力強い不思議な世界観に包み込まれます。   This is the kit 「Christmas time is here」 イギリス・ウィンチェスター生まれで現在はフランス・パリ在住のシンガーソングライターKate Stablesによるプロジェクト、This Is the Kit。この「Christmas time is here」はスヌーピーでお馴染みのチャーリーブラウンのサウンドトラックでの曲が原曲と言われていて、いろんなアーティストがカバーしています。 私もこの曲はクリスマスソングの中でも一番好きな曲なので、今回のプレイリストの1曲目にはKhruangbinがカバーした同曲を挙げています。ぜひ聴き比べてみてくださいね。   Liam Gallagher 「All You're Dreaming Of」 イギリスのロックバンド Oasisのボーカリストであるリアムギャラガー。Oasisは解散して数年経ってしまっていますが、今でも復活を願うファンの声が絶えない人気バンドです。こちらはそんなリアムが2020年にリリースしたクリスマスソング。普段インタビューに答える時の彼は奔放で毒舌なことが多い印象(笑)ですが、プライベートでは子煩悩なお父さん。この曲をリリースした時は、「“All You’re Dreaming Of”は瞬く間に定番になる、この時期にピッタリな曲だ。今年、みんなが過ごした一年を考えると、必要とされるべき愛と希望をこの曲がもたらしてくれることを願うよ。」とコメント。曲調もその歌詞も、希望と愛が詰まった心に染みるロックバラードに仕上がっています。この曲も収益もまた、苦境にいる子どもたちや若者を支援する慈善団体に寄付されています。  
今回も、こちらではご紹介しきれなかった曲を複数まとめたプレイリストをSpotifyにて公開しています。1時間弱ありますので、ご自宅のほか、お仕事の移動中などちょうどいい長さだと思います。ぜひ聴いてみてくださいね。 こちらのリンクよりフォローできます。 →Spotify playlist「source holiday tracks」 今年もクリスマスや年末年始は外出を控え、ご自宅でご家族とゆったり暖かく過ごされる方も多いかと思います。心穏やかに、今年1年の思い出を振り返ったり来年の計画を立てたりと、そんな素敵な休日のBGMとしてぜひお楽しみください。

とっておきのホリデーギフト

来週はいよいよクリスマス!大切な人への贈りものはお決まりでしょうか。こんにちは。source storeのSです。今回は、source storeで新しくお取扱いがスタートしたSCENTAHOLIC(センタホリック)というフレグランスブランドについてご紹介いたします。大切な人への贈りものだけでなく、今年一年頑張ったご自身への贈りものとしても最適です。言葉ではなかなかお伝えしにくい香りですが、他社ブランドにはない、拘りぬいた唯一無二のフレグランスです。ぜひこの機会にご体感ください。  
【SCENTAHOLIC(センタホリック)とは】 日本国内の工場や職人のアトリエで生産しているフレグランスブランド。人々の記憶に香りが刻まれるように、一般的なフレグランス商品よりも香りの濃度を高く表現されています。単一のシンプルな香りが多いなか、SCENTAHOLICは、時間の経過とともに香りのコントランスを楽しめるよう、香りを調合されています。香りに持続性があり、トップノートからラストノートまでの香りも楽しめます。 ■AROMATHIC ROOM SPRAY   ¥4,620税込
香りの持続性を追求したルームスプレー。表面は牛革にラバーコーティングを施した天然レザーは、手にすっと馴染むやさしい肌ざわりです。主張しすぎないグラフィックの型押しがかっこいいですね。部屋に置いておくだけで、サマになります。 化粧品グレードの香料を使用しており、一般的なルームフレグランスよりも香りの濃度を強くしているため、トップからラストまでの時間の経過による香りの変化もお楽しみいただけます。   ■AROMATHIC ROOM SPRAY REFIL        ¥2,420税込 繰り返し使えるように、リフィルもご用意しております。無駄なく、気に入った香りを買い足しできる安心感があります。ルームスプレー本体のレザー部分の経年変化も楽しめるのもいいですね。   ■WOVEN SCENT   ¥9,900税込 リードスティックに使われる上質な籐(ラタン)を使用し、丁寧にハンドメイドされた美しいオーナメント。 付属のフレグランスオイルを本体に垂らすことで、空間に香りが広がります。伸縮性のあるラバーコードが付いているため、お好きな場所に吊るしてご使用いただけます。ドアノブや車の中で飾りながら香りを楽しめるのもいいですね。ホリデーシーズンには、観葉植物に飾ってオーナメントとしてのご使用もオススメです! 香りの強さや持続性、拡散範囲はオイルを垂らす量によって調整ができます。 ギフトボックスも美しいので、贈りものとしても最適です。贈る方をイメージしながら、香りを選ぶのも楽しいですね。  
ホリデーシーズンは、ご自宅でご家族や大切な方と、のんびり過ごされる方も多いと思います。おうちで過ごされる時間を、こちらのSCENTAHOLIC(センタホリック)のフレグランスとともに豊かな時間をお届けできたら嬉しいです。 source storeでは、テスターもご用意しております。ぜひ店頭でご体感ください。

sourceと民藝

あっという間に今年も2か月きりましたね。こんにちは。source storeのSです。今年は丑年でしたので、自宅にはずっと「赤べこ」ならぬカフェモカ色の「モカべこ」を飾って楽しんでおりました。郷土玩具や民藝の器などは、sourceのようなベーシックな家具と合わせたくなります。民藝には、「手仕事」ならではの温かみがあり、自然素材で仕上げられたものは愛着を持って使い続けられます。住空間を心地よく、豊かにしたい人も増え、民藝ブームはまだおさまることなく、定着してきました。今回は、民藝のアイテムと購入したお店についてご紹介します。  
モカべこ【福島県・会津地方】
赤べこは、厄除けのお守りや縁起物として長年愛されてきた郷土玩具です。こちらのモカべこは、野沢民芸さんが手がけた赤べこを今の気分にトリミングするというコンセプトをもつ酉民藝さんのプロデュース品です。野沢民芸さんで作られるべこの柄はそのままに、カフェモカ色に染め上げたモカベコは、インテリアにも馴染みやすく、遊びに来る友人たちにも大好評! 時々、頭を触って、首をゆらゆらさせて遊んでしまいます。このとぼけた表情にも癒されます。 <購入店舗> Journal Standard Furniture (ジャーナルスタンダードファニチャー) 日本橋店 公式サイト https://acme.co.jp/ 東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋 S.C. 3F 営業時間 10:30~20:00 / 不定休 ジャンルにとらわれることなくインテリアが楽しめるアイテムが揃ったお店です。ベーシックなキッチン雑貨も充実しています。   小鹿田焼 【大分県日田市】 民藝の器として知られる小鹿田焼は、柳宗悦バーナード・リーチにより大きく評価され、この名前が全国に知れ渡りました。 小鹿田焼の素材である土は、収縮率が大きく、割れやすい、扱いにくい土です。これを克服するため、底部を小さく作られるのが特徴です。 こちらの壺は塩入れとして使っていますが、シュガーポットや梅干しなどのお漬物入れとして使ってもいいですね。冷蔵庫でも邪魔にならないサイズも嬉しいです。 <購入店舗> soup. 公式サイト soup. | 愛知県安城市 インテリアライフスタイルショップ soup.(スープ) (b-soup.com) 愛知県安城市住吉町3-6-14 営業時間 11:00~19:00 / 火・水定休 ※こちらの小鹿田焼は、数年前のPOP UPで購入したものなので、現在はお取扱いのない製品となります。国内外の民藝や作家さんの作品など器だけでなく、家具や照明、インテリア雑貨が充実したお店です。   鳩の砂糖壺 【長野県上田市】 誕生から60年以上も経った今も人気の鳩の砂糖壺。白樺をろくろで挽き、手彫りを加えた信州の工芸品です。農閉期に副業として作られ始めたのが元々のきっかけです。 尻尾の部分がスプーンになっているところもかわいいです。素朴な風合いで、昔から結婚式の引き出物などにも使われてきたそうです。 <購入店舗> 時トクラス 公式サイト(東急ハンズ) https://nagoya.tokyu-hands.co.jp/ 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋タカシマヤ内 東急ハンズ名古屋店9階 営業時間 10:00~20:00 / 火・水定休 民藝の器やキッチン雑貨など、食卓まわりのアイテムや食品、お土産、郷土玩具まで、民藝や日本のものづくりがお好きな方にぴったりのお店です。  
シンプルな家具の中に置くと、民藝のアイテムがさらに引き立ちます。民藝は飽きることなく、長く愛用できるアイテムばかりですので、インテリアのアクセントに取り入れてみてはいかがでしょうか。こちらでご紹介したショップで購入させていただいたものは、私自身も何年も愛用しているものばかりです。独自の視点で選び抜かれたお店なので、ぜひお近くにお出かけの際は、お立ち寄りください。

冬に楽しむインドアグリーン

急に肌寒くなり、季節の巡りを感じますね。こんにちは。source storeのSです。source storeでは、観葉植物のある生活を提案するイベント「みどりのある暮らし」を開催しております。冬は寒くなるので、観葉植物をうまく育てられるか心配される方も多いですが、育て方に気を付ければ、寒い季節でも楽しめます。お部屋にグリーンがあると、癒されますよね。今回は、「冬に楽しむインドアグリーン」をテーマに、管理方法のコツやおすすめのグリーンについてご紹介します。  
■冬のインドアグリーンの育て方 冬でも室内で観葉植物を楽しむための冬越しのコツや、管理方法についてご紹介します。 【置き場所】
外の気温が15℃以下になったら、室内で管理しましょう。置き場所はあたたかくて、明るい場所が最適です。南か東側が理想的です。北側や玄関はよく冷えるので注意しましょう。 また窓際に置く場合は、窓から少し距離をおくようにしましょう。急激な温度変化に弱いため、暖房の温風が直接当たらないように気を付けます。 天気のよい日は、カーテン越しに数時間、日光浴をすると、さらに元気を取り戻します。 【水やり】 冬は、水の与えすぎによる根腐れに注意しましょう。冬は、根が休眠しており、気温も低いため、土の水分もなかなか蒸発しません。水やりの回数を控えると、寒さに強くなります。 あたたかい午前中に、常温に近い温度の水を与えるようにすると効果的です。気温が下がる夕方以降の水やりは、残った水分が冷えて、植物にダメージを与えてしまいます。土が乾いた後、2~3日後に水やりを行うようにして、乾燥気味に管理します。 冬場の空気は、暖房などで室内の空気が乾燥しがちです。乾燥すると、観葉植物の葉の水分が奪われ、葉が傷んでしまうこともあります。霧吹きで常温の水をかけて、温度を上げるようにしましょう。 時々、葉の表面と裏面を絞った布やティッシュで拭くと、葉の保湿や虫の予防にも効果的です。加湿器を置くのもおすすめです。 【風通し】 真冬でも、窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。植物は二酸化炭素を吸って光合成を行っているため、周りに新鮮な空気を送るために、風を送ることが大切です。サーキュレーターで空気を回してもいいですね。   ■冬におすすめのインドアグリーン 寒さや乾燥に強い品種を育ててみましょう。source storeで販売している植物たちをご紹介します。 【モンステラ】 [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="3522,3523"] 大柄に葉に切れ込みが入ったような個性的なグリーン。 耐寒性が高く、冬場でも元気に育ちやすい観葉植物です。 日光に当たらないと葉のツヤが悪くなるので、定期的に日光浴をかかさないようにしましょう。   【フィロデンドロン・バーキン】 [gallery link="file" columns="2" size="medium" ids="3518,3519"] 白い斑が流線のように入り、高級感のある見た目が人気の観葉植物です。 冬は水を控え、乾燥気味に育てると耐寒性を高めることができます。   【ホヤ・カルノーサ】 [gallery link="file" columns="2" size="medium" ids="3521,3520"] 寒さに強く、日当たりが良く、風通しのよい場所を好みます。 乾燥にも強く、水やりもたくさんする必要もないため、日々忙しい方にもおすすめです。気温が20度超えると、生育期に入り淡いピンクの新芽を出してくれます。冬越しする楽しみのあるグリーンです。  
植物の種類によって、耐寒温度や、育て方も異なります。品種に合った管理方法を把握しておくと元気に育ちます。日々の変化を観察しながら、冬のグリーンを楽しみましょう。 ≪source store × みどりのある暮らし≫は11月9日(火)までの開催となります。source storeのinstagram (@source_store_honten)でも、イベントの情報を日々更新しておりますので、ぜひチェックしてみてください。皆さまのご来店を心よりお待ちしております。  

OASIでコーヒーブレイク

次第に涼しくなり、ホットコーヒーが美味しい季節になりましたね。こんにちは。source storeのSです。ホットコーヒーを飲むとき、みなさんはどんなコップを使っていますか。お気に入りの器で飲むコーヒーの味は格別ですね。 今回は「OASIでコーヒーブレイク」をテーマに、ホットコーヒーを楽しむのにぴったりなINTERIOR ACCESSORIESの陶器シリーズOASIのアイテムについてご紹介します。  
■飽きのこないシンプルなデザイン
愛知県の工房にて職人の手作業によって製作されているOASIの陶器。シンプルに削ぎ落されたフォルムにユニークな釉薬の掛け具合。もちろんすべて手作業なので、釉薬の風合いも1点ずつ異なります。   ■美味しく見える色 OASIのコップの内側は、飲み物の色が引き立つ白色に仕上げています。コーヒーを注いだ時に釉薬の白色とコーヒーの色のコントラストがはっきりするため、より一層深みのある色に感じられます。   ■あたたかみのある素材 OASIは陶器で作られているため、磁器に比べると冷めにくく保温性が高いと言われています。磁器よりもやわらかい印象もあり、これからの季節にあたたかい飲み物を楽しむのにぴったりですね。すっきりとしたデザインですが、ぬくもりを感じる風合いが魅力です。   ■使い勝手のよいフォルム 取手も持ちやすく、軽いので普段使いに最適です。程よいサイズ感なので、気軽にコーヒーを楽しめます。たっぷり飲みたい方はOASI Mug Cupがおすすめです。 Coffee CupMug Cupのサイズは、このようなバランスです。   ■機能的なソーサー OASI saucerは、プレートとしても使えます。小皿としても使えるように、くぼみのないフラットなデザインに仕上げています。お菓子はもちろん、食事の器や取皿としても活躍します。シンプルで美しいデザインは、盛り付けたお菓子なども引き立ちます。  
シンプルなデザインで、いつまでも愛用したくなるOASIシリーズ。用途も広がると食卓も楽しくなりますね。仕上げは1点ずつ異なりますので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。 →OASI Coffee Cupはこちらから