Blog & News list ブログ・ニュース一覧

あたたかい春の日のプレイリスト

つい先日まで寒暖差の激しい日もありましたが、ようやく気温が安定し、過ごしやすい季節になりましたね。桜も満開の時期を迎えています。こんにちは、source storeのmacoです。 この季節はお子さんのいらっしゃるご家庭では卒業式も終わり、まもなく入学式を控えているという方もおられますよね。私も子供の入園式が間近に迫ってきており、その準備でバタバタしていますが、ちょっと散歩する程度でもお花見を楽しむ時間ぐらいはなんとか取りたいなぁと考えているところです 笑 今回のブログでは、そんな季節にぴったりのミュージックプレイリストをご紹介します。 別れの次には新しい出会いもある。不安と期待が入り混じり、なんとなく心が休まらないとき、このプレイリストで心を落ち着けていただけたら。そんな想いを込めて曲を集めましたので、ぜひ聴いてみてください。  
Conor Albert「Tell Me」
コナーアルバートはサウスロンドンのマルチ奏者(複数の楽器が演奏できる音楽家)。8歳でビート作りとギターを始めた彼は、ピアノやベースを学びつつジャズにインスパイアされたビート制作に励み、デモ音源を配信すれば瞬く間に注目を集めてデビューを飾りました。ポロポロと爪弾くギターの音で始まるこの曲は、終始爽やかなグルーヴに乗せられたメロディとビートで構成されています。ドライブやウォーキングのお供にぴったりです。   Harry Styles「Sweet Creature」 かつて日本でも大人気だったイギリスのボーイズグループ「One Direction(ワン・ダイレクション)」の元メンバー、ハリースタイルズ。彼はグループが活動を休止したのちもソロアーティストとして勢力的に活動しており、相変わらずの伸びやかな歌声と、パフォーマンス、ルックスの良さで人気を集めています。常に誰かのことを念頭に曲を書くというハリー。この曲もラブソングですが、現在もしくはかつての恋人を歌ったものなのか...?いずれにしても彼のリアルな心情がアコースティックでスイートなメロディーに乗せられた、叙情的な美しい曲です。   Tom Misch「You got me flying」 トムミッシュは現在26歳のイギリスのミュージシャン・プロデューサーです。はじめにご紹介したコナーアルバートは、彼の音楽性の影響を受けています。幼少期からヴァイオリンやギター、キーボードをはじめ、instagramなどのSNSで自身の楽曲やギタープレイを投稿しておりそこから人気に火がつきました。ジャンルに分けて説明するのが難しいほど彼の音楽性は多彩で、私も数枚のアルバムを聴いているのですが良い意味で一貫性がなく、リリースするたびに魅了されます。この曲はジャズ風の落ち着いたメロディーに、やや重ためのビートが後から乗ってくる、斬新かつ聴き心地の良いトラックになっています。   Domo Genesis feat.Anderson Paak 「Dapper」 LA出身のラッパー・DJのドモジェネシスが、ブルーノマーズなど今や様々なアーティストからのオファーで引っ張りだこのアンダーソンパークと共に制作した楽曲。彼らは二人とも各々で組んでいるユニットがあるのですが、あまり枠に囚われずどこまでもフリースタイルを貫く音楽性がありhip hopやR&Bを好むファンの中では知らない人はいないぐらいの才能を持っています。 この「Dapper」はディスコ・ファンクテイストの流れるようなビートが軽快で、あまりhip hopに馴染みのない方でも自然に体を揺らしたくなるような聴きやすい一曲です。   Homecomings「Songbirds」 ホームカミングスは、2012年に結成された京都在住の4ピースバンド。この「Songbirds」が収録されたアルバム「WHALE LIVING」までは、アメリカやイギリスのインディーポップやギターポップを軸とした全編英語詞のスタイルが定番でしたが、最近では日本語詞の楽曲がメインになっています。ボーカルの畳野さんの優しくて真っ直ぐな歌声が魅力的。アニメ映画の主題歌にもなっているこちらの曲のMVでは、日本語訳が字幕で出ているのでぜひ読みながら視聴してみてください。どことなく誰もが経験し得るような恋心や青春が感じられます。  
こちらでご紹介できなかった曲も全てこちらのSpotifyプレイリストにまとめています。どれもこれからの季節に気分が前向きになれるような曲ばかりで、全部で1時間ほどです。是非ともフォローいただき、移動中やお休みの日などのBGMとしてお楽しみいただければと思います。 →Spotify playlist「source spring tracks '22」 これまでのプレイリストはこちらから

新シリーズ「ATTIVO」発売のお知らせ

source待望の新シリーズ「ATTIVO」2022年4月8日(金)より販売スタートいたします。   ATTIVO(アティーヴォ)とはイタリア語で、「積極的」や「活発」という意味を持ちます。 温かい天然木の表情と、sourceブランドのマテリアルとしては今回初採用となるスチール脚の引き締まったラインにより、緊張感と軽快さを融合したフォルムに仕上げられています。 仕事も趣味も本気で楽しむことができる大人・ファミリーへ、スマートでユニークなインテリアライフを送っていただきたい。 そんな私たちの想いを、このATTIVOを通じて発信していきます。 ぜひご期待ください。 ティザー映像公開中。  

イベントのご案内 みどりのある暮らし

今週末より、ご好評いただいております観葉植物のある生活をご提案する≪source store ×みどりのある暮らし≫を開催いたします。このイベントに向けて、source storeにたくさんのグリーンたちがやってきます!ぜひお気に入りを見つけにいらしてください。 source storeのinstagram (@source_store_honten)でも、イベントの情報を日々更新いたしますので、ぜひチェックしてみてください。皆さまのご来店を心よりお待ちしております。 ≪期間≫ 2022年3月12日(土)~4月5日(火) 定休日:水・木曜日 ≪特典≫ 期間中、観葉植物をご購入の方 ・送料無料(愛知県内に限り) ・お持ち帰りの場合10%OFF ※小鉢は対象外です。 ≪感染予防の取り組み≫ スタッフは接客時にマスクを着用しております。 定期的な店内換気を行っております。 店内入口へお客様がご使用可能な消毒液の設置をしております。 ≪ご来店されるお客様へのお願い≫ 発熱やだるさ、体調変化のあるお客様は、ご来店をご遠慮いただきますようお願いいたします。 マスクをお持ちのお客様は、ご来店時に着用のご協力をお願いいたします。

sourceの収納

春に向けて、収納を見直したくなる季節がやってきました。 4月から新生活をスタートされる方も多くいらっしゃると思います。 こんにちは。source storeのSです。sourceは、収納アイテムが充実しており、様々なシーンでお使いいただけます。今回は、sourceの収納についてご紹介いたします。  
[gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="4456,4449"] ■TOCCO
チェスト&ボード TOCCO の引き出しは、仕切り板がついています。 雑貨の整理整頓にも便利です。スペースごとに、置き場所を固定できるのもいいですね。 仕切り板は取り外し可能なので、収納物に合わせて調整可能です。   [gallery link="file" size="medium" ids="4462,4445,4504"] ■BIS サイドボード BIS の引き出しの最上段は、引き出しの前面の板が天板面よりも3.5cm高く設計しております。引き出す際に手がかけやすく、スムーズに開閉できます。   [gallery columns="2" size="medium" link="file" ids="4459,4448"] ■SALA SALAは収納アイテムが充実しており、ダイニング、リビング、ベッドルームまで様々なシーンにセットできます。 →SALA収納アイテムを見る シーン別で、SALAシリーズの収納についてまとめた記事がございます。ぜひご覧ください。 →2021.08.23「SALA 暮らしになじむ収納」の記事を読む   [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="4465,4450"] ■ Y HOPE サイドボード 133 Y HOPE は、ウォールナットを贅沢に使ったサイドボード。木目が美しく、リビングダイニング以外でもエントランスに置いても様になるアイテムです。   [gallery link="file" columns="2" size="medium" ids="4457,4446"] ■PURO サイドボード 162 PURO は、唯一無二の木目がお部屋のアクセントになるサイドボード。個性がありながら、フォルムはシンプルなので、意外とどんなお部屋にも馴染みます。     <全シリーズ共通仕様> ■ゆっくり閉まる扉 扉の開け閉めするときに、バタン!と勢いよく閉まらないよう、ゆっくりと閉まるソフトクローズ機能を内蔵した金具を採用しております。やさしく閉まるので、収納物に衝撃も与えません。急いでいるときは、うっかり勢いよく扉を閉めてしまうこともあるかと思いますが、その際もゆっくりと閉まるので安全にお使いいただけます。 ■背面からでも美しい仕上げ 収納家具のレイアウトを自由に楽しんでいただくため、背面からでも美しく見えるよう裏面化粧をしております。背面を気にすることなく、部屋の中央やソファの背面などにセットしてもお使いいただけます。 ■内側まで美しい引き出し 引き出しの内側は、すべて塗装しております。使うたびに心地よく、収納したものを美しく見せてくれます。  
いかがでしたでしょうか。 収納するものや、スペースを考慮して、ご自宅にぴったりの収納アイテムが見つかると嬉しいです。 収納アイテムはこちらから 収納したいアイテムがおさまるか、ご不明な点などございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちらから

Staff Talk ep.1 コロナで生活どう変わった?

新企画「staff talk -話そう、暮らしのこと-」。 この企画では、source store本店の運営スタッフ同士が暮らしにまつわるエピソードを、毎回メンバーとテーマを変え、フリートークしていきます。 記念すべき第1回目は、「コロナで生活どう変わった?」というテーマに沿って、こちらの2人のトークを公開。 なかなか終わりの見えない自粛生活。この2年で、皆さんの暮らしはどう変わりましたか? 今回は同世代でありながらも、勤務スタイルから家族構成、趣味までそれぞれ異なる2人が、長引くこの状況で日々どう過ごしているのか、たっぷりトークしてみました。 【以下 shinobun=S / maco=M】  
在宅ワークで時間を有効活用 M:勤務スタイルを在宅に切り替えてから2年に。すっかり慣れてこれがもう普通になりました。 S:出社していた頃と今で、大きく変わったことは何ですか? M:通勤にかけていた時間を家のことに充てられること!往復3時間ぐらいかかっていたので… 。これまでは仕事が終わって帰宅してから家事育児をこなすのに精一杯で、1日のうちの自分の時間がほぼゼロでした。それが今では朝の始業前や昼休み、終業後に分散してできるので、疲れやストレスが減りました。 S:社内コミュニケーション的には、問題ないですか? M:無理なく連絡を取り合えているので、そこは問題ないかな。困ることで強いて言えば、前よりも世の中のトレンドをリアルに追えなくなっていること。これまでは会社が名古屋市内にあることで、例えば名古屋駅・栄周辺の話題のスポットに足を運べていたけど、今はネットや人からの間接的な情報から想像することしかできない。 S:私は基本平日休みで買い物がてらフラッとする程度ですが、人の多いところから外れた路面店で店員さんと少し会話して情報収集してます。早く以前のように東京都心などにもフットワーク軽く行けるように状況良くなるといいですよね。   ワークスペースを充実 [caption id="attachment_3337" align="alignnone" width="300"] ワークスペースを整えよう[/caption] M:自宅でのワークスペースを整えようと、去年オフィスチェア、モニターを購入しました。オフィスチェアに座って大きな画面のモニターをPCに繋げて目線を高くして作業するようにしたら、背筋が伸びて快適になりました。 S:快適な仕事環境を目指すとなると、色々欲しくなりますよね。 M:今はもっと広いデスクが欲しくて、Y HOPEのダイニングテーブルをワークデスクにされてるお客様がいらっしゃってそれがとても素敵で、それを参考にさせていただきたいなーと考えてます。 →2021.07.21「快適なワークスペース」の記事を読む   オンライン接客 [caption id="attachment_4390" align="alignnone" width="300"] オンライン接客サービス[/caption] S:私は店舗勤務なので基本的に勤務スタイルは変わりませんが、御来店が難しいお客様への新しいサービスとして始めたzoomでのオンライン接客を何件か承りました。最初は不安でしたが、始めてみると店頭でのご案内とのギャップはあまり感じず、数回やりとりさせていただくうちに親密にお話できたりと、お客様にもご満足いただけていると思います。 M:電話やメールと違ってスタッフの顔やお店の雰囲気が見れるのも安心だし、レスポンスも早いのがいいよね。   [caption id="attachment_4515" align="alignnone" width="300"] 無料生地サンプル[/caption] S:どうしてもお伝えしきれない座り心地などの体感的な部分をどう表現するか模索中ですが、チェアやソファの生地に関してはサンプルのご提供など出来る限りのご案内をさせていただいてます。 気になるアイテムがある方はぜひ、これらのサービスをお気軽にご利用いただきたいです。 →オンライン接客について →無料生地サンプルのお申し込み   YouTubeはじめました [caption id="attachment_3692" align="alignnone" width="300"] source store ch.[/caption] M:あと最近ストアではYouTubeチャンネルを開設しました! S:こないだは撮影もリモートでやりましたね。 M:私が現場での撮影に同席できなくて、それもzoomをつなげてリモートで進めて...。 S:限られた時間でやるという意識が高かったのか、セットの切り替えも早く出来て終わりまでスムーズでした。 M:お店の雰囲気を丸ごと伝えることに意識を向けるようになって、みんなのモチベーションも上がったよね。 S:スタッフの演技力も上がって個性も出たりして(笑)お客様からのご質問の内容に沿って動画を構成して行けたらとも考えているので、ご要望などinfoまでどしどしお寄せください! →ご質問・ご要望はこちらから   [caption id="attachment_4399" align="alignnone" width="300"] チャンネル登録もぜひ[/caption]   環境に目を向ける S:好きなお店が営業を自粛してストレスが溜まってしまっていた時期にランニングが日々の習慣になり、それが気分転換になってます。 M:私も自宅でエクササイズとか筋トレしてる!運動は気分が前向きになるよね。 S:コース変えたりすると気分転換になるし、車でのスピード感だと気がつかない景色を観れるのがいい。草花を見ると季節の移り変わりを感じます。 M:私もこないだ子供と公園行った帰りに梅の花を見て、春を感じたなー。 S:前にも増して周りの環境に目を向けるようになりました。   [gallery link="none" columns="2" size="medium" ids="4410,4409"] M:休日の子供との過ごし方も変わった。前は水族館や動物園に連れて行ってたけど、今は人との距離が保てる広くてオープンな公園に行って思いっきり体を動かして、天気がいい時はレジャーシート広げてテイクアウトしたものやお弁当食べたり。 S:いいですね!私もテイクアウトとかしてます。友人と会うのも控えてますね。 M:調べてみれば自宅周辺にも、遊具が充実した大きな公園が沢山あることがわかって、なるべくそうゆうところに出かけたりしてるよ。子供も大喜び。 S:遠出しなくても、近くにいいところはいくらでもあるっていう、発見がありますよね。   新しい趣味との出会い S:なかなかライブとかフェスとか行けてませんが、オンラインで楽しめるライブストリーミング(生配信)の仕組みは、コロナ禍の中でも新鮮で嬉しいことでした。 M:私もよく観てる!その場の雰囲気が実際に味わえないのは物足りないんじゃないかって最初は思ったけど、自宅だとお酒を飲むのも会話も自由なんだよね。 S:そういえばmacoさんがまさかあの某KPOPグループにハマるとは思ってませんでした。どんどんオタク度が上がってますよね(笑) M:ここまで家にいる時間が長くなければ、興味がないままだったと思う。時間ができたからこれまで関心のなかったことに興味を持てるようになって、また新しい趣味ができて今はそれが楽しくてしょうがない。 コロナ禍になって悪いことばかりじゃないなと考えるようになりました。 S:macoさんの音楽ブログやプレイリストも楽しませてもらってます。私も新しい音楽に出会えるのが嬉しくて、これからも楽しみにしています。 これまでのsource store Spotifyプレイリストはこちらから   明日を生きる楽しみ [gallery link="none" columns="2" size="medium" ids="4411,4412"] S:本屋とかギャラリーに行って、好きなイラストレーターさんとか作家さんの作品に触れたりもしています。そういった場所ならある程度密を避けられるし、それがないと息がつまりそうで。 M:そうだね。私も美術館やギャラリーに行くのは好き。日々感じる疲れやストレスをコントロールするには「好きなこと」や「癒し」は欠かせない。 S:気持ちをリセットして自分を保つために、カフェに行ったりしてる意識はあります。 M:そうゆうことが毎日の原動力になるよね。私も毎日、自分の好きなことをする時間を作るように意識してる。 S:アートなどの文化からも学ぶことはたくさんありますよね。日々の暮らしの中で心が豊かになるものって、それが生きる楽しみでもあるし、仕事のヒントをそこから得ることもできますね。  
スタッフトーク、いかがでしたでしょうか。 制限の多い生活の中でも、自分らしく自由に、心豊かに暮らす。体調管理なども、そうゆうところから整えていけるものなのかもしれません。安全に毎日を過ごし、上手に気持ちを切り替えて、この困難な時期を皆で乗り越えていきたいものですね。 source storeも、日々移り変わる皆さまのライフスタイルに静かに寄り添い、サポートしてまいりますので、インテリアに関してのご相談を常に承っております。店舗でも、感染予防対策をしっかり行っておりますので、どうぞご無理のない範囲でご来店ください。

会社見学会〈第2回目〉のお知らせ

source事業の運営会社である株式会社吉桂ではこの度、 2023年3月卒業予定者及び既卒者を対象に、会社見学会を開催いたします。 第1回目の3/15(火)開催分が定員に達しましたため、今回は第2回目の開催について以下の通りご案内いたします。 日時:2022年3月29日(火) 14:00 場所:株式会社吉桂 本社ビル 住所:愛知県名古屋市中区大須3−2−5【MAP】 見学会では、事業内容や募集要項についての説明や、オフィス及びショールームをご案内いたしますので、当社の雰囲気をご判断いただけたらと思っています。 ご興味をお持ちの方は、是非お気軽にご参加ください。 希望される方は下記メールアドレスまでご連絡お願い致します。(担当:林﨑) kenichi_h@yoshikei-interior.co.jp