Blog & News list ブログ・ニュース一覧

ソファのお手入れ

気に入って手に入れたソファは長く愛用したいですよね。ソファをより長く使っていただくためには、日々のメンテナンスが大切です。 こんにちは。source storeのSです。今回は、ソファのお手入れについてご紹介いたします。  
■ホコリや汚れを取り除く
やわらかいタオルでソファの表面を優しくたたきます。汚れを落としやすいマイクロファイバーのタオルがオススメです。またはブラシを使って、生地の表面を優しくなでるようにホコリや汚れを取り除きましょう。ブラシは適度に張りのある、やわらかめのブラシを使うと、生地を傷めにくいです。 ■シートやクッションをローテーションする ソファの座る位置は、固定されがちですよね。同じ場所に座り続けてしまうと、その部分に負荷がかかり傷みやすくなってしまいます。シートや背もたれのクッションを左右入れ替えるなどして定期的にローテーションすると、負担を分散し、ソファの型崩れを防げます。 ■クッションをふっくらさせる シートや背もたれのクッションを軽くたたいてみましょう。空気が入ることでふっくらとした座り心地になります。羽毛入りのソファは陰干しすると、へこみが復活します。 ■汚してしまったら 【布】 やわらかい布に、ぬるま湯で薄めた中性洗剤を含ませ、軽く絞ります。円を描くように外側から、中心に向かって表面をたたくように拭き取ります。ぬるま湯を含ませた布で洗剤を拭き取り、自然乾燥します。 sourceのソファは、すべてカバーリングタイプですので汚れたカバーを取り外して、ご自宅で水洗いすることができます。(一部、ドライクリーニング対応の生地がございます。) 【PVC / 合成皮革】 飲み物や食べ物で汚れがついたら、放置せず、すぐに布やタオルで拭き取りましょう。汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄めた洗剤水または専用クリーナーをやわらかい布につけて落とします。水拭きをして、洗剤を拭き取り、最後は乾拭きをして水分を取り除きます。 【本革】 普段は、やわらかい布でやさしく丁寧に乾拭きし、ほこりや汚れをこまめに取り除きましょう。乾拭きするときは、やわらかいコットン100%の布を使用するとよいでしょう。 汚れてしまった場合は、少量のクリーナーを布にとって汚れた部分を中心に拭き取ります。汚れが落ちたら、乾いた布で乾拭きします。クリーナーは事前に目立たない場所でお試しいただき、変色がないことを確認してから使用するとよいでしょう。 ■替えカバーを用意する sourceのソファは、替えカバーの購入も可能です。定期的に交換をして、カバーを休ませましょう。季節に応じて模様替えを楽しんでもいいですね。カバーを替えるだけでお部屋の印象もガラッと変わりますよ。 →替えカバーはこちらから  
日々のお手入れをすることで、ソファを長くお使いいただけます。食べこぼしや汚れをそのまま放置してしまうと、ダニが発生してしまう原因となります。日々のメンテナンスは簡単なものばかりですので、ぜひ取り入れてみてください。 →ソファはこちらから

壁が作り出す心地よさ

お部屋の印象を決める壁面。白の壁がベーシックではありますが、色を取り入れると、お部屋の雰囲気も変えられ、家具やアートも引き立ちます。 こんにちは。source storeのSです。source store の壁面は、PORTER’S PAINTS(ポーターズペイント)で仕上げております。陽の当たり方によって様々な表情を見せてくれるペイントで、やさしい空気を演出してくれます。sourceの家具とも調和し、心地よい空間を作ってくれる塗料です。今回は、PORTER’S PAINTSについてご紹介します。  
■PORTER’S PAINTS(ポーターズペイント)とは
オーストラリアで生まれた水性のアクリルペイントです。人にも環境にも優しい塗料なので、ペットやお子さまがいらっしゃるご自宅でも安心して取り入れていただけます。塗料のイヤなニオイもなく扱いやすいため、初心者の方でも気軽に塗って楽しんでいただけます。 ■ヒューマンメイド PORTER’S PAINTSは、作り置きすることはなく、調色師によって一色ずつ調合し、手作りしています。これをPORTER’S PAINTSでは、ヒューマンメイドと呼んでいます。色を決めるカラーカードまで、印刷ではなく実際にペイントされて作られています。 ■日々変化のある壁面 [gallery link="file" size="medium" ids="3081,3082,3083"] PORTER’S PAINTSは、色だけでなくテクスチャー(質感)を楽しめる塗料です。同色でもテクスチャーを変えると、全く表情が異なります。差し込む光によって、様々な表情を見せてくれるので一日の間でも違った色に出会えます。時間帯や照明の違いによっても印象が変わります。 ■自然素材に馴染む壁 色は自然界にある鉱物顔料を用いて作られているため、自然素材の木材や窓から入ってくる自然光や風景にもすっと馴染んでくれます。PORTER’S PAINTSは、刷毛を使って仕上げていくのですが、ランダムな刷毛のストロークによって、ムラや陰影をもたらします。均一でない風合いも眺めていて心地よさを感じます。 写真は2種類の塗料を重ねて濃淡を出した大理石のような風合いのFRENCH WASH(フレンチウォッシュ)という仕上げです。刷毛で塗った後にガーゼで塗料を拭き取ることで模様をつけたペイントです。グレーは、黒よりも重たくなく、白よりも表情があり、どんなインテリアにも合わせやすいカラーです。  
天気、時間、季節によって、違った色を見せてくれるPORTER’S PAINTS。差し込む光によって印象を自在に変える質感は他の塗料にはない魅力です。source storeでは様々なテクスチャーの壁面をご覧いただけます。ぜひ店頭にて体感してください。

本に囲まれた暮らし

連日猛暑が続きますが、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。心地よく過ごせる秋は読書をするのにぴったりの季節。本好きの人は、気づけばどんどん本が増えてしまいますよね。 sourceでは、本の収納に適した家具をご用意しております。今回は「本に囲まれた暮らし」をテーマに、シーン別にオススメのアイテムをご紹介いたします。  
<シーン別おすすめアイテム> ■リビングルーム [gallery link="file" columns="2" size="medium" ids="3001,3003"] 効率よく本を収納したい方は、
SALA BookShelfTOCCO BookShelf が最適です。高さがあるため、空間を持て余すことなく活用できます。壁一面の収納は、図書館のように見やすいですね。本だけでなく、リビングで使う小物の収納にも役立ちます。   高さをおさえたい方は、TOCCO Low Shelf 077 がおすすめです。お子さまや女性でも手に取りやすく、お部屋に圧迫感も感じません。天板は飾り棚としてディスプレイも楽しめます。本だけでなく、お気に入りのインテリア小物やグリーンを飾ってもいいですね。眺めているだけでもリラックスできます。   [gallery link="file" size="medium" ids="3005,3006,3007"] TOCCO One Arm Sofa 083 R、L を組み合わせると、座りながら、すぐ本に手が届くのが嬉しいですね。TOCCO Ottoman 039 を用意すると、足を伸ばしてくつろぎながら本を楽しめます。 家族が集まる部屋に本を取り入れたら、自然と本に親しむ環境が整いますね。お子さまの本も一緒に収納してみましょう。   [gallery link="file" columns="2" size="medium" ids="2998,2999"] リビングの一角に自分だけのスペースを作ってもいいですね。PURO Easy Chair は、アームの下に文庫本が収納できます。読みかけの本などをしまっておいて、すぐ手にとって読めます。PURO Ottomanを組み合わせたら、より一層リラックスして読書を楽しめます。 ■ロフト ロフトのような限られた空間にはTOCCO Side Table はいかがでしょうか。こじんまりした空間の中で、誰にも邪魔されることなく読書に浸れます。 ■寝室 [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2992,2993"] 寝る前の読書は、質の良い睡眠がとれると言われています。PURO Bed のフレームには、文庫本が収納でき、すぐ本に手が届くのが便利です。読書からの睡眠で、一日の疲れをリセットしましょう。   <本棚の場所> 本は日光に当たると、日焼けや色褪せをしまいます。大切な本を守るためにも、直接、長時間日光が当たらない場所が最適です。もし、日の当たる場所に置く場合は、窓に紫外線カットのフィルムを貼る、または紫外線カットのカーテンを選ぶようにして、光を防ぎましょう。   <本の収納> たくさんある本棚から読みたい本を、すぐ手にとれるようにするには、ジャンル分けして収納すると、見つけやすくなります。過去に本の収納についてまとめた記事がございます。ぜひこちらもご覧ください。 →「本のある暮らし」の記事を読む  
お気に入りの本はしまいこまず、いつもそばに置いておきたいですね。大切な本を保管しながら、本以外の収納も兼ねたものを選ぶと、お部屋もすっきりまとまります。本を楽しむ場所ごとに、いつでも気軽に本を手に取れるようなスペースを作ってみてはいかがでしょうか。こちらからぜひ、おすすめアイテムをご覧ください。 →本に囲まれた暮らし

過ごしやすいソファ選び

部屋の中でもインテリアの中心となるソファ。家族でくつろぐ場所でもあり、お客様をおもてなしする大切な場所ですよね。 こんにちは。source storeのSです。疲れをそっと癒してくれるソファは長く過ごす場所でもあるからこそ、慎重に選びたいですよね。今回は、ライフスタイルに合ったソファ選びについてご紹介いたします。  
<ライフスタイル別のソファ選び> ■のんびりくつろいで過ごす
家族みんなでゆっくりとくつろぎたい方は、奥行が広めのソファを選んでみましょう。TOCCO One Arm Sofa 160 R、Lは片肘アームのソファなので横になりたいときでも足を伸ばしやすく、存分にリラックスできます。ソファの上で、うたた寝をしたり、あぐらをかくなど自由なスタイルで過ごせます。 シーンに合わせてフレキシブルにレイアウトが楽しめるTOCCO Sofa は、家族の成長やライフスタイルに合わせてアイテムの買い足しもできるのが嬉しいですね。過去にTOCCOのリビングアイテムについて、シーン別のコーディネートをご紹介している記事がございます。ぜひこちらもご覧ください。→「TOCCO リビングの新しいかたち」の記事を読む   ■映画鑑賞を楽しむ [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2749,2677"] 趣味が映画鑑賞の方や、テレビを長時間楽しまれる方は、ハイバックソファが最適です。Y HOPE Sofa は、首元をしっかりと支えてくれるので長時間座っていても疲れにくく快適です。背もたれも高く、体全体をやさしく支えてくれる座り心地です。 PURO Sofa は、別売のPURO HeadRestをセットすると頭までしっかりと支えてくれるので、首や腰にも負担がかかりにくくなります。沈み込みの少ないソファなので、ほどよい弾力もあり、姿勢もくずれにくいです。アーム部分は広めに設計しているため、サイドテーブルとしてもお使いいただけます。ソファに深く腰掛けたまま、グラスなどにすぐ手が届くので、映画を見ながらお酒やおつまみを楽しんでもいいですね。 ■おもてなしのソファ おもてなしには、シンプルなデザインのSALA Sofaがおすすめです。やさしい素材感のあるソファで明るく開放感のあるお部屋を演出できます。しっかりとした座り心地で膝や腰に負担をかけにくく、キレイな姿勢を保てます。 ■低く暮らす フロアに座って暮らす文化が根強い日本人にとって、背もたれが低いソファは馴染みやすく感じます。BIS Sofa 190 は十分な座面の広さがあるので、ゆっくりとリラックスして過ごせます。ベーシックなデザインで、応接や事務所などのビジネスシーンでも最適です。   <アイテムを追加してさらに快適に> ソファにプラスすると、もっと快適に過ごせるアイテムをご紹介します。 ■オットマン オットマンとは「足置き」のことで、お使いのソファに追加するだけで、ゆっくりと過ごせます。カウチタイプなど大きなソファを置くスペースがなくても、取り入れやすいアイテムです。来客時にはスツールとして、オットマンの上にトレイを置くとサイドテーブルとしても使えます。 →オットマンはこちらから ■クッション クッションはソファのアクセントになるだけでなく、背中や腰と背もたれを調整するアイテムとしても使えます。安定感のある座り心地は背もたれとのフィット感も大切です。横になるときは枕として使ってもいいですね。 →クッションはこちらから ■ヘッドレスト 人気のPURO Sofaにセットして購入される方が多いPURO HeadRestBIS Sofa 190SALA Sofa にも簡単にセットできます。(写真はSALA Sofa 140にセットしています。)   [gallery link="file" size="medium" ids="2960,2961,2962"] ソファの背クッションの後ろに差し込むだけで使えるので、必要なときだけセットして手軽に使えます。 →ヘッドレストはこちらから ■センターテーブル ソファの近くにテーブルがあると、飲み物などを置けるので便利ですよね。TOCCO Low Center Table 077 は、センターテーブルとしてはもちろん、ソファーのコーナー部分に置くとサイドテーブルとしても活躍します。「COORDINATE」ページでは、TOCCO Low Center Table 077 を使ったコーディネートをご紹介しております。ぜひこちらもご覧ください。 →「存分にくつろげるリビングルーム」のコーディネートを見る  
ソファはサイズやデザインも大切ですが、何よりもソファでどのように過ごすかをイメージして選んでいただくと暮らしも快適に過ごせます。家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて、最適なソファを選んでみましょう。 →ソファはこちらから

コンパクトに暮らすインテリア

限られた空間でも心地よく暮らしたいですよね。今回は「コンパクトに暮らすインテリア」をテーマに、限られたスペースでも活躍してくれる家具や空間をうまく使えるアイテムをご紹介します。  
■ダイニングソファで空間を有効に [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2090,2091"] ダイニングソファは食事をするだけでなく、リビングでくつろぐソファとしての役目も果たしてくれるので、空間を広々と使えます。
BIS LD セットは、ダイニングとリビングを兼用でお使いいただけます。BIS Stoolは来客時にあると便利に使えます。使わないときはテーブル天板の下に収納でき、お部屋をすっきりと保てます。 ■一人掛けソファを取り入れる 一人掛けのソファは置くだけで部屋のアクセントになり、コンパクトなサイズなので場所もとらず、空間を有効に使えます。自分専用のチェアなので、自分に合った座り心地のものを選ぶことができ、ゆっくりとくつろげます。   ■スリムで用途に合った収納家具 [gallery columns="2" link="file" ids="2538,2655"] sourceの家具は幅が100cm以下のスリムな収納家具を多数ご用意しております。 食器やオブジェをコレクションしている方は、PURO Cabinet 084を使うと収納も兼ねながらディスプレイも楽しめます。本やCDが多い方TOCCO Book Shelfがおすすめです。スリムなサイズながらも大容量で収納でき、奥行きもコンパクトなのでお部屋に圧迫感も与えません。 文房具や書類など雑多なものをすっきり収納したい方SALAの収納アイテムがおすすめです。収納したいものに合わせて、市販されているトレーを活用して整頓すると使い勝手もよくなります。 シーン別にSALAの収納アイテムをご紹介している記事がございます。ぜひこちらもご覧ください。→「SALA 暮らしになじむ収納」の記事を読む   ■多用途で使える家具を選ぶ [gallery link="file" ids="2618,1833,1834"] 使い道が多岐にわたるアイテムは、お部屋の様々なシーンで活用できるのが嬉しいですよね。1台で何役も使える家具は、ライフスタイルが変わっても、用途を変えて長く愛用できます。TOCCO BenchNight Tableはコンパクトでどのお部屋にも馴染みやすいアイテムです。過去にTOCCO BenchNight Tableの使い道についてご紹介している記事がございます。ぜひこちらもご覧ください。 →「TOCCOベンチの活用術」の記事を読む →「どこでもナイトテーブル」の記事を読む  
広々とした空間でなくても、選ぶインテリア次第で居心地のよい空間は実現できます。お部屋や用途に合わせて、お気に入りの家具を見つけてみてはいかがでしょうか。 こちらからぜひ、おすすめのアイテムをご覧ください。 →コンパクトに暮らすインテリア

食卓に彩りのあるダイニング

彩りのある食事は華やかで一層美味しく感じられますよね。 こんにちは。source storeのSです。 美味しさを感じるのは、味覚よりも視覚による影響の方が大きいと言われています。人間の五感の情報収集能力は味覚が1%に対し、視覚は80%以上という研究結果も出ているほどです。日本人は目で料理を食べると言われていることもあり、日本人にとって食事の色は食欲を左右する大きな要素になります。今回は食卓を彩る色についてご紹介します。  

■食材の色を活かした食事 pasja1000によるPixabayからの画像

食卓に「赤、白、黄、緑、黒」の5色を取り入れてみましょう。自然と食材の種類が増えバランスよく栄養素を摂ることができます。 【赤】 肉類、魚は良質なたんぱく質脂質を多く含みます。トマトは美肌効果や風邪予防にも役立ちます。 【白】 米、パン、麺などはエネルギー源となる糖質が含まれています。牛乳などの乳製品も栄養価の高い食材です。 【黄】 味噌や納豆は発酵食品として見直され、栄養価に優れた食材です。かぼちゃやゆずにはビタミンが豊富です。 【緑】 ブロッコリー、ほうれん草などは高い抗酸化作用をもっており、ビタミンミネラルが豊富で身体の機能を整えます。 【黒】 昆布やわかめ、きのこ類は低カロリーで食物繊維ミネラルもたっぷり含まれており、腸内環境を整えます。 栄養の専門的な知識がなくても色で確認できるので、誰でも簡単に始められます。子どもたちにもわかりやすく食育の面でもいいですね。 ■5色の食材で時短レシピ 色を取り入れたサラダレシピをご紹介します。多忙な方でも手間なく簡単で10分前後で仕上がります。ぜひ試しください。 <ズッキーニのサラダ> 【食材の色:白・緑】 油で炒めるイメージの強いズッキーニですが、旬の時期は皮もやわらかく生でも食べられます。暑い日にさっぱりと召し上がれます。 ズッキーニをスライスしてお皿に並べ、みじん切りした玉ねぎをちらします。オリーブオイルを回しかけ、レモンを絞り、塩をふるだけです。冷蔵庫で冷やすと、ひんやりとして美味しいです。 <かぼちゃとクリームチーズのサラダ> 【食材の色:黄・白・緑】 甘みがぎゅっと詰まって食べ頃を迎えるかぼちゃ。火も使わず簡単に仕上り、バゲットなどにもぴったりです! 玉ねぎを薄く切り、水にさらして、すし酢と合わせておきます。かぼちゃは適度な大きさに切りレンジで5分ほど加熱し、荒く崩します。粗熱がとれたら、マヨネーズ、玉ねぎ、粗挽き胡椒、塩で和えます。クリームチーズをカットしてざっくり混ぜ合わせます。仕上げにパセリを添えて、クルミやアーモンドスライスなどのナッツ類をちらすと食感もよくなります。 <じゃがいものマスタードサラダ> 【食材の色:赤・黒・白】 ほんのりマスタードが効いて、お酒のおつまみや付け合わせにおすすめです。 フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、香りがたったらベーコン、じゃがいも、きのこを入れてよく炒めて、塩、胡椒で味付けします。しんなりしたらボウルに入れてマヨネーズとマスタードを和えたら完成です。   ■毎日の食事をもっと美味しく 食事の彩りと合わせて、お気に入りのダイニングセットがあれば、家族との会話も弾み、食事の時間も楽しめます。過去にダイニングルームの家具選びについて、ご紹介している記事がございます。ぜひこちらもご覧ください。 ダイニングテーブルのサイズについて →「ダイニングテーブルの選び方」の記事を読む ダイニングチェアの種類や高さについて →「食事に最適なチェア選び」の記事を読む 人気の丸テーブルPURO Circle Dining Table 112のサイズについて →「丸テーブルは場所をとる?」の記事を読む  
お気に入りのダイニングセットがあると、料理をするのも楽しくなりますよね。旬の野菜を使って彩りを取り入れてみてはいかがでしょうか。使い勝手もよく食事を美しく見せてくれるダイニングセットもご用意しております。ぜひご覧ください。 →ダイニングテーブルを見る →ダイニングチェアを見る