Blog & News list ブログ・ニュース一覧

ワンアームソファの魅力

2月もあっという間に半ばになりましたね。こんにちは。source storeのSです。春からの新生活に向けてソファを探されているお客様も増えてきました。ソファは1日の疲れを癒してくれるリラックス空間に欠かせないものですね。今回は、ソファの中でも人気の高い「ワンアームソファ」についてご紹介します。 ■ワンアームソファとは
ワンアームソファとは、肘掛け(アーム)が1つしかないソファのことで、片肘ソファとも呼ばれます。左右非対称のアシンメトリーなデザインは、おしゃれな印象を与えます。空間に開放感をもたらしたい方にもおすすめのソファです。 ■ワンアームソファの魅力
広々と座れる PURO ワンアームソファ 片側に肘掛けがない分、実際に座れる座面の有効幅が広く確保できるため、ゆったり座ることができます。寝転んでくつろいだり、肘掛けを背もたれにしてカウチソファのように足を伸ばして座ることもでき、自由な姿勢で過ごせます。 動線がとりやすくなる TOCCOワンアームソファ 肘を壁側にレイアウトすることで、通路側に抜け感が生まれソファにアクセスしやすくなります。アームレス側の座面は、ソファ本体の横から座ることもでき、ソファ周りの生活動線もスムーズになります。 ■sourceのワンアームソファ
ライフスタイルの変化に応じて買い足しができるTOCCO TOCCO ソファ ワンアーム 1人掛け、2人掛けのワンアームソファがあり、オットマンも2サイズあることから自由にレイアウトが楽しめるTOCCOソファ。単身の方からご家族の方まで幅広くお選びいただいています。引っ越しのタイミングでソファやオットマンを買い足して、部屋の角にコーナーで組んだり、ソファを横並びにして複数人がゆったりとくつろげるようにするなど、間取りやライフスタイルに合わせて自由に組み替えができます。 奥行も広いため、ソファで横になりたい方にもオススメのソファです。背もたれはすっきりとした軽快なデザインなので、圧迫感がなくお部屋の中央にレイアウトしても視界を遮らないためお部屋も広く感じられます。 TOCCOソファの人気のコーディネートはこちらからご覧ください。 TOCCO ワンアーム ソファ →自分だけの心地のよいソファ TOCCO ソファ ワンアーム →存分にくつろげるリビングルーム TOCCO ワンアーム ソファ →快適な読書タイム TOCCO ソファ ワンアーム オットマン →自由自在にレイアウトを楽しむ   コンパクトなお部屋にぴったりなBIS BIS Livingroom リビングダイニング兼用のスタイルで空間を有効に使えるBISソファ。奥行と高さをおさえた設計でどんな場所にもフィットします。座面はやや硬めで弾力のある座り心地なので、食事用や作業用としても適しています。 BISソファのコーディネートはこちらからご覧ください。 BIS LDソファ ワンアーム →持ちすぎない暮らし   BIS LDソファ ワンアーム →コンパクトに暮らす 長時間座っても疲れにくいPURO 三層からなるポリウレタンフォームの上に羽毛を合わせた厚みのあるクッションは、安定した姿勢が保ちやすく、長時間座っても疲れにくいPUROソファ。別売のヘッドレストをセットすると、しっかりと首元まで支えてくれるので、よりゆったりとした姿勢でリラックスできます。単体で使うのはもちろん、L字タイプのレイアウトも可能です。 ミニマムに使えるPUROソファのレイアウトはこちらからご覧ください。 3人掛けソファ →開放感のあるリビング PUROソファのL字タイプのレイアウトについての記事はこちらをご覧ください。 PUROソファコーディネイト →2024.01.10「新しいPUROの魅力」の記事を読む   リラックスの幅が広いワンアームソファ。様々なデザインやサイズをご用意しております。ぜひ店頭でお試しください。

新生活応援!後悔しないダイニングテーブル

皆さん、こんにちは!今年は暖冬と気を緩めていたら、先月の寒波に翻弄され、気が付けば早や2月・・・。時の流れにも翻弄されているsource storeのMです。2月といえば暦の上では立春、春の始まりにあたります。まだまだ冬の様相ではありますが、季節の変わり目が近づいていることを実感します。 またこの時期は新年度を3月に控え、春からの新しい生活を迎えるにあたっての、準備を始めるかたも多いのではないでしょうか。 今回はそんな新生活に向けて家具選びのサポートを目的とした『後悔しないダイニングテーブル』の選び方をご紹介します。

■後悔しないダイニングテーブルとは?


ダイニングテーブルは使う頻度がとても高く、家の中でも中心的な家具となります。家族で毎日の食事をとるための基本的な用途以外にも、さまざまな目的で利用されることがあります。趣味や手芸などのクラフト活動、在宅ワーク、お子様の勉強や遊びのスペースとしても使われることがあります。そのため、ある程度の大きさがある方が使い勝手も良いものです。購入してから後悔しないためにも、設置に必要なスペースなども合わせて考えていきたいと思います。 YHOPE ダイニングテーブル

■必要なスペースはどれぐらい?


【テーブルの大きさは?】 ダイニングテーブル一人分のスペース テーブルの大きさは、通常、座席数によって決まります。一般的に、1人あたり幅60cm~70cm、奥行約40㎝のスペースが必要です。例えば、4人掛けのテーブルの場合、幅が約120~140cm,奥行80㎝程度の大きさが適していることになります。円形テーブルの場合も、長方形のテーブルと一人当たり同じ面積が確保できる直径110㎝程度のものがおすすめです。  
Yhopeダイニングテーブル PUROサークルダイニングテーブル
【画像左】木目が美しい、幅147㎝の
ダイニングテーブル 147 Y HOPE 【画像右】使い勝手の良い、直径112㎝のサークル ダイニングテーブル 112 PURO 【テーブルを置くスペースは?】 ダイニングテーブルを置くスペース ダイニングテーブルは様々な用途での使用が想定されるため、テーブルサイズと同様に周りの生活動線の確保も重要になります。椅子に座ってゆったりと食事や作業をしたり、椅子を引いて出入りする際も、スペースや通路が確保されていないと日々のストレスとなってしまいます。もちろん置く場所のレイアウトや選ぶ椅子などによっても工夫は可能ですが、まずは一般的に必要なサイズをおぼえておくと失敗しません。 椅子を置かない側は壁や家具から少なくとも約60㎝のスペースをが必要です。椅子を置く側は椅子の出し入れを考慮して約75㎝、さらに後ろに通路が必要な場合は110㎝程度のスペースが必要となります。また、収納家具が周りに置かれている場合は扉を開けるスペースや物の出し入れに必要なスペースも考慮すべき点となります。 ※円形テーブルを置く場合はこちらのブログをご参考下さい。⇒丸テーブルは場所をとる?  
TOCCO ダイニング ATTIVOダイニングテーブル
【画像左】落ち着いた色合いの幅154㎝のダイニングテーブル 154 ブラウン TOCCO 【画像右】高さが調整できるダイニングテーブル 154 ATTIVO

■あると便利なちょこっと収納


ダイニングテーブル天板イメージ sourceのダイニングテーブルにはあると便利な工夫が隠されています。ダイニングテーブルはその使う頻度の高さから、何かと散らかりがちに...。机の上の物をサッと仕舞える天板下の棚板や、いつも使うカトラリー・文具など雑多になりがちな小物類を収められる引き出しなど、ちょっとした工夫が毎日を快適にしてくれます。おしゃれでモダンなデザインは損なわず、日常のあったらいいなを叶えています。  
TOCCOダイニングテーブル引出し YHOPEダイイングテーブル天板下
【画像左】仕切り板付きの引き出しがついたダイニングテーブル 154 ブラウン TOCCO 【画像右】本やリモコンなどの収納に便利な ダイニングテーブル 147 Y HOPE

■リビングダイニングでより自由にレイアウト


よりスペースを有効活用できるダイニングテーブルとしては、リビングダイニング兼用のテーブルもおすすめです。リビングルームとダイニングエリアを一体化させるため、限られたスペースを有効利用したり、逆に空間全体を使って広々したスペースを確保することも可能です。くつろぎのスペースも兼ねているため生活動線も良くなります。ソファスタイルのリラックスムードが、家族や友人とのコミュニケーションを促進し、一緒に過ごす時間をより楽しいものにすることができます。 BIS LDダイニング  
BISリビングダイニングイメージ BIS リビングダイニング コンパクトレイアウト
※BIS リビングダイニングのその他のレイアウトは『BIS LDコーディネート特集!』をご参考下さい

■応用の効く円形テーブル


sourceの数あるダイニングテーブルの中で一番の人気を誇るサークル ダイニングテーブル 112 PURO。新色も登場して、ますます人気となっています。 円形の形状は角がないため、狭い空間や通路のある場所での移動がスムーズです。小さなお子様のいらっしゃるご家庭にもおすすめです。また着席する人数に柔軟性があり、3人などの奇数でもバランスよく収まります。また、全員と顔を合わせやすいことからコミュニケーションが円滑に行え、会話もスムーズに行える利点があります。 サークル ダイニングテーブル 112 PURO サークル ダイニングテーブル 112 PURO ※新色の情報はブログ『新しいPUROの魅力』 をご参照ください。  
sourceのダイニングテーブルは、各シリーズの個性に合わせた多彩なデザインとサイズバリエーションをご用意しています。是非、お使いのスペースに合わせてご検討下さい。

洗いにくい花瓶ってどうしてる?

早いものでもう一月も終わりに差し掛かり、そういえば日が長くなったなと感じつつもまだまだ冬の寒さに身もだえておりますsource storeのTです。寒いとはいえ日課にしているのが生花を飾ったり、観葉植物を水耕栽培するうえで大切な水替え。朝一の水は冷たすぎるので汲み置きしてお昼前に交換しています。 ほかにもメンテナンスするうえで大切なのは花瓶のお手入れですよね。デザインに一目ぼれして生花を飾る以外にも単体でオブジェのようにディスプレイしたくなる素敵な花瓶。でも、口が細かったり、くびれがあったりと洗いにくそうですよね。そこで本日は手軽にできる洗い方をご紹介します。
■水垢を落としたいとき
①水100mlに対し、お酢またはクエン酸を小さじ1杯混ぜます。 ②花瓶に①を注ぎ20分~30分ほどつけ置きします。 ③中身を流しお湯でよく洗い流して完了です。 花瓶の口を指や手のひらでふさいだ状態でシャカシャカと軽く振ると綺麗に洗い流すことができます。水垢はアルカリ性のため、反対の酸性の液体を使うと中和してふやかすことができます。非常に簡単な方法ですが水垢を落とすのにはこちらが有効です。環境にも優しいですね。
■汚れを落とし殺菌したい場合
①重曹と酸素系漂白剤をそれぞれ小さじ1/2ほど入れます。 ②50度くらいのお湯を花瓶の9割ほどまで入れます。 ③1~2時間ほど浸け置きします。 ④水でしっかり洗い流して完了です。 【注意事項】金属やアルミ製、塩素系が使えない素材に漂白剤を使うと、錆びや変形、色が落ちたりしてしまうことがありますので必ず素材を確認しましょう。
いかがでしたでしょうか。これでしたら隙間時間に気軽にできますよね。最後に【番外編】になりますが花瓶のバクテリア・汚れの予防方法としては10円玉を花瓶に入れるのが有名ですよね。銅イオンが水に溶けだし殺菌・抗菌作用があるため雑菌の繁殖を抑えることで切り花を長くきれいに保つことが出来ると言われています。ですが口の小さな花瓶に10円玉は入りません。そんな時おすすめなのがコチラ。
志成販売さんの切り花を長くきれいに保つことができる 銅のフラワーライフスティックです。 こちらでしたら細い口の花瓶にも難なく差し込めます。source store本店でも大変ご好評をいただいております。2サイズ展開で枝に模したデザインが素敵です。
→COPPERフラワースティック 本日はここまでとなります。きっちりとお手入れしてあげることで、植物たちは生き生きとしてくれます。凛とした植物が空間にあることで結果的に私たちが癒されるわけですね。これからもしっかりとお手入れしたいと思います。    

新シリーズ STECCATOのご案内

大寒を迎え、厳しい寒さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。こんにちは。source storeのSです。あっという間に青山店1周年記念イベントから1ヵ月が過ぎました。イベントで発表をしたsource第7のシリーズSTECCATO(ステッカート)のお問い合わせも増えております。今回は、STECCATOについてご紹介します。   ■STECCATOとは
STECCATO(ステッカート)とは、イタリア語で「囲い」を意味します。無垢材で囲われた本体を、剣のような形状の脚部で支えた個性豊かなデザインが特徴のトータル家具です。 ダイニングテーブルやサイドボードはサイズオーダーも可能で、お部屋のスペースを無駄なくレイアウトできます。ご希望のサイズがございましたら、お気軽にスタッフまでご相談ください。 ヒッコリー材とは
STECCATOは、アメリカ産の広葉樹のヒッコリー材を贅沢に使っています。アメリカでは床材として使用されており、強度も高いことから、野球のバットやスキー板などスポーツ用品の材料としても用いられています。堅牢で加工が難しいとされるヒッコリー材ですが、日本国内の高度な木工技術を持つ工場で、丁寧に仕上げています。重厚で堅く、衝撃にも強いため、丈夫で長くお使いいただけます。   ダイニング [gallery columns="2" link="file" size="large" ids="10967,10964"] ダイニングテーブルは、ヒッコリー材を贅沢に使っており、豊かな木目の表情が楽しめます。天板下の棚板には、ティッシュやリモコンなどを収納でき、テーブル周りや天板上をキレイに保てます。天板の角は丸く削って加工をしているため、見た目や手触りもやわらかく、小さなお子様がいらっしゃるご家庭など、安全面を重視されたい方にもおすすめです。   リビング [gallery columns="2" link="file" size="large" ids="10975,10971"] ソファは、ボックスのように囲まれたくつろぎ感あふれるソファです。無垢材をたっぷり使った頑丈なフレームに、剣のようなスマートな脚で支え、ヒッコリー材ならではの独創的なデザインが魅力です。 身体をしっかりと受け止めてくれる分厚いクッションは、フェザーも入っており、包み込まれるような座り心地です。   ■快適にお使いいただくために
STECCATOのサイドボードやセンターテーブルの引き出しは、やさしく静かに閉まるソフトクローズ機能がついています。 勢いよく引き出しを押してしまっても閉まる直前でブレーキがかかり、ゆっくり閉まるため、引き出しの中身が衝撃を受けるのを防ぎます。また手や指を挟むリスクを軽減し、安全にお使いいただけます。   ■バリエーション豊富なカバー
[gallery columns="2" link="file" size="full" ids="10959,10960"] チェア(座面のみ)とソファはカバーリング仕様となっているため、洗い替えや季節によって素材やカラーを変えて簡単に模様替えができます。 STECCATOでは、他シリーズでもご紹介しているファブリック、PVC(合成皮革)、本革に加え、高密度で織られたイタリア製の生地もお選びいただけます。引っ掻きに強く、耐久性に優れた生地です。撥水性も高く、液体汚れが付着した際は速やかに拭き取ることで、染み込みを防ぎ、清潔に保てます。   ■選べる木目カラー
STECCATO STECCATOの木目カラーは、「アンバー」「ダークブラウン」の2色からお選びいただけるので、お持ちの家具のカラーに合わせてコーディネートができます。 アンバーは、ダークブラウンとナチュラルの中間色なので、どんなカラーの床にもフィットするカラーです。優しい木目が、お部屋にやわらかい印象を与えてくれます。 ダークブラウンは、落ち着いた雰囲気にしたい方にオススメのカラーです。重厚感があり、インテリアも引き締まった印象になります。   商品は、青山店でご覧いただけます(展示はすべてアンバー色)。一部アイテムはサイズオーダーも可能なため、お部屋の間取りに合わせて製作いたします。ぜひ現物に触れて、ご体感ください。ご来店をお待ちしております。

青山店POPUPのご案内 トライバルラグ ギャッベ展

source store青山店では、トライバルラグ ギャッベ展を開催いたします。 今回、ご縁がありご協力いただいたのは、東京中目黒のLayout様。 ラグ愛たっぷりのバイヤーが自ら現地へ足を運び、確かな目で選び抜かれたこだわりのラグをご覧いただける貴重な機会となります。買い付けたラグは、日本に届いてから目で見て触って、ほつれや匂いなど入念にチェックされているため、安心して手にすることができます。 トライバルラグは、羊や山羊たちと移動して暮らす遊牧民たちの暮らしの道具として使われてきました。敷物としてはもちろん、食料を入れる収納袋、テント内の間仕切りなど用途は多岐にわたり、使い続けることを前提としているため、機能性や耐久性にも優れています。 部族や地域ごとに異なる文化、気候、ともに暮らす動物や身近な草花などがデザインとして織り込まれており、作り手の感性豊かな絵柄や色合いが魅力です。 ギャッべは、遊牧民とともに暮らす羊の上質な毛を刈り取り、手で紡ぎ、草木で染めてから一枚一枚心を込めて織り上げた伝統的な敷物です。動物や風景、作り手の暮らしに基づいたデザインで、織りが細かく耐久性もあるため、次世代へ受け継いでいけます。 今回のPOP UPでは、チェアパッドや玄関マットなどコンパクトなサイズを中心にご用意します。sourceの家具とも相性がよく、使い込むことで表情も豊かに、味わい深く変化していきます。 絵柄や色はひとつとして同じものはなく、すべて手織りで作られた希少な1点もののラグ。ぜひお気に入りを探しにご来店ください。お待ちしております。 【イベント概要】 会期:1月19日(金)~2月4日(日) ※定休日:火・水曜日 営業時間:11:00 ~ 19:00 場所:source store 青山店 東京都港区南青山3-5-6 アール南青山ビル1F TEL 03-6434-9588

■source store青山店詳細


表参道駅と外苑前駅からそれぞれ徒歩8分の人気エリア、南青山3丁目にある個性的な外観のアール南青山ビルの1Fとなります。

■住 所  : 東京都港区南青山3-5-6 アール南青山ビル1F (店舗詳細はこちら) ■電 話  : 03-6434-9588 ■MAIL    : info@source-jp.com ■営業時間 : 11:00~19:00 ■休業日  : 火・水曜日

 

名古屋本店 Display sale開催

source store 本店では展示商品の入れ替えに伴い、展示商品の販売を行います。展示品のため、多少の傷や汚れ等がある場合がございますが、特別価格にてご提供いたします。

■Display sale概要


【日程】 1月20日(土) ~ 2月12日(月)10:00 ~ 19:00 ※店舗定休日(水・木)を除く 【開催店舗】 source store 本店 愛知県名古屋市天白区鴻の巣1-706 1F 【お問い合わせ先】 052-746-1171、または
info@source-jp.com ※メールにてお問い合わせいただいた場合でも、店舗営業日でのご返信とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

■対象商品のご紹介


下記に一部の対象製品をご紹介いたしております。画像をタップまたはクリックしていただくと商品紹介ページがご覧いただけます。サイズや材質など、ご検討いただく際にご参考下さい。展示品用の販売価格の表記はしておりませんので、ぜひ店頭にお越しいただき、気になる商品がございましたらお早めに店頭スタッフまでお声がけください。 ※商品写真はできる限り実物のお色味に近づけるよう留意しておりますが、撮影時の環境やお客様のモニター環境によっては、画像のお色味が実際の商品と異なって見える場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※画像内のディスプレイ用小物(テーブルウエア・本類など)や寝具類は展示販売対象外となっております。 【対象商品の一例】  
Toccoワンアームソファ 083L  PURO サイドボード
Yhope デスク SALA テレビボード 145

■source store本店詳細


 

■住 所  : 愛知県名古屋市天白区鴻の巣1-706 1F ■電 話  : 052-746-1171 ■MAIL    : info@source-jp.com ■営業時間 : 10:00~19:00 ■休業日  : 水・木曜日 ■駐車場完備: 店舗前、店舗西隣に計15台 ■アクセス ※公共交通機関 名古屋市営地下鉄東山線「星が丘」駅、または鶴舞線「植田」駅より、名古屋市営バス 「植田大久手」降車徒歩5分、または「焼山」降車徒歩10分 ※お車 名古屋高速「高針」出口下車5分

 
皆様のお越しを心よりお待ちしております。