Blog & News list ブログ・ニュース一覧

TOCCOベンチの活用術

独特の木目が美しいTOCCOシリーズ。sourceの家具のはじまりのシリーズでもあり、私たちの思い入れの強い家具でもあります。 こんにちは。source storeのSです。そんなTOCCOのアイテムの中でもコンパクトで使い勝手のよいTOCCO Bench。軽快なデザインながらも強度を持っているので、部屋のあちこちで活躍する万能なアイテムです。今回はTOCCO Benchの様々な活用方法についてご紹介します。  
■ダイニングチェアとして [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2558,2618"] オーソドックスな使い方はダイニングルームでの使用です。ダイニングチェアとして使う用途はすっかり定着していますね。圧迫感もなく見た目もスマートなので、部屋も広く感じられます。人数も制約なく座れることから、ご来客の多いご家庭にも人気があります。 ■エントランスや廊下で使う 靴を履くときに腰掛ける場所があったら便利ですよね。コンパクトな奥行なので、玄関に置いても邪魔になりません。手持ちの荷物の一時置き場としても使えます。お気に入りの靴を並べてショップのようにディスプレイを楽しんでもいいですね。   ■テーブルとして 軽量で楽に持ち運びができるサイズなので、天気の良い日は屋外に持ち出してテーブルとしても使えます。飲み物などちょっとしたものを置くのに便利です。手軽にお庭やベランダでアウトドア気分を楽しめます。   ■シェルフとして 部屋の一角にベンチを置いてシェルフとして使ってみてはいかがでしょうか。写真のように卓上サイズの観葉植物を並べるなどしてディスプレイスペースとして使うのもおすすめです。高さも低いため、たくさん並べてもすっきりとおさまります。霧吹きでの葉水をして家具に水がついたら、やわらかい布で水分を拭き取りましょう。   ■テレビ台として 座面がフラットなのでコンパクトなテレビ台としても活用できます。サイズには注意が必要ですが、軽快ですっきりとしたデザインはどんな部屋でも馴染みます。   ■フットベンチとして 海外のベッドルームで見かけることの多いフットベンチとしても使えます。フットベンチとは、ベッドの足元にセットしたベンチのことで、置くだけでホテルライクな寝室が作れます。フットベンチは、小物を置く場所として使ったり、掛け布団が足元に落下するのを防ぐ役割もあります。  
場所を問わず様々なシーンで取り入れられるベンチ。用途を変えながら長く愛用できる家具です。ぜひご自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。 →TOCCOベンチはこちらから

ダイニングテーブルの選び方

ダイニングテーブルは食事をするときに毎日使うもの。部屋の中でもメインとなる家具なのでおしゃれなものを見つけたいところですが、デザインだけでなくサイズや使いやすさも考えて選ぶことも重要です。 こんにちは。source storeのSです。今回はそんなダイニングテーブルを選ぶときのポイントについてご紹介します。  
■天板の形状 [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2464,2466"] 長方形の場合は壁付けができるのでレイアウトしやすく円形会話を楽しむ方におすすめです。顔と顔を合わせることができ、コミュニケーションもとりやすくミーティングスペースにも使われています。sourceの丸テーブル
PURO Circle Dining Table112はスペースをとると思われがちですが、配置を工夫することでコンパクトにおさまります。 当ブログでは過去に丸テーブルのサイズについてご紹介しました。丸テーブルを取り入れるメリットもまとめておりますので、ぜひご覧ください。 →「丸テーブルは場所をとる?」の記事を読む   ■天板のサイズ [gallery link="file" size="medium" ids="2472,2470,2465"] ダイニングテーブルにおける1人あたりのスペースは幅60cmが最低寸法と言われています。サイズの目安は1~2人暮らしの方は幅60cm以上、2~4人は幅120~150cm、4~6人以上や来客の多いご家庭は幅150cm以上がおすすめです。   ■動線を確保する   ダイニングスペースでは、椅子に立ち座りするスペースや、人が通る動線を確保することで、食事がしやすくなります。椅子に座るスペースは約60cm、椅子の後ろを通る幅は約60~90cm確保しましょう。実際に部屋の寸法を確認し、テーブルの位置が生活動線の妨げにならないかチェックしてみましょう。   ■天板の塗装 [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2468,2471"] sourceのテーブルの場合、シリーズにより塗装の種類が違います。 ウレタン塗装は、ウレタン樹脂を表面にコーティングした塗装のことです。割れや反りを抑制でき、汚れや水分も染み込みにくいため日常のお手入れも簡単です。お子さまがいらっしゃるご家庭に人気があります。 オイル塗装は、天然植物由来のオイルで仕上げた塗装のことです。木そのものが持つ美しさや手触り感を残した上品な風合いに仕上がります。ウレタン塗装に比べてキズや汚れ・水分には弱いところがありますが、紙やすりで表面を削り、再びオイルを塗ることである程度の修復が可能です。定期的なメンテナンスをすることで艶も増し、無垢材の美しさをキープできます。   ■sourceのテーブルの嬉しい機能 [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2467,2469"] source のテーブル天板には各シリーズに収納スペースがあるため、便利にお使いいただけます。TOCCO Dining Tableには仕切り板付きの引き出しがついているためカトラリーなどを収納できます。BIS、SALA、YHOPE、PUROのテーブルには棚板があり、新聞やリモコンなどをサッと片付けられます。  
ダイニングは家族が集まって食事が楽しめる大切な場所ですよね。生活動線も大切にしながら、自分のライフスタイルに合ったダイニングテーブルを選んでみてください。 →ダイニングテーブルはこちらから

暮らしに合った生地選び

sourceのチェアやソファはカバーリング仕様となっており、布、PVC(合成皮革)、本革からお選びいただけます。(PURO Arm Chair、Side Chairは張り込みにつき、シートの買い替えが可能です。) どの素材にするか迷われる方も多くいらっしゃいますので、今回は素材別にそれぞれの特徴をご紹介してまいります。  
■布 カラーバリエーション◎ 年中快適 お手入れ簡単 やわらかい肌触りで、同じ色合いでも選ぶ生地によってさまざまな感触が楽しめる布。sourceの布生地にはタオル地のようなソフトな肌触りのものから、サラッとした心地のよいものまで種類も豊富。布は一定の温度を保つので、季節によって温度が大きく左右されることなく年間を通して快適に過ごせます。また適度な摩擦があり、長時間座っていても体がずれたりすることも少ない生地です。掃除機や粘着クリーナーでの簡単な掃除もでき、定期的なお手入れで衛生的に保てます。こまめに水洗いをして(一部ドライクリーニングの生地あり)汚れの付着を防ぐとダニも発生しにくく長持ちします。カジュアルな雰囲気がお好みの方におすすめです。   ■PVC(合成皮革) 防汚性◎ お子さま・ペットも安心 低予算OK 革の質感を手軽に楽しめるPVC(合成皮革)。汚れがついても水拭きや中性洗剤を使って拭き取るだけでいいので、普段のお手入れも楽ちん。短期的には変色もしにくく比較的メンテナンスが簡易なことから、ペットや小さなお子さまがいらっしゃるご家庭に人気です。 革の質感を楽しみたいけど、予算は抑えたいという方におすすめです。   ■本革 耐久性◎ 吸湿性◎ 通気性◎  本革は高級感があり、空間にクラシックな雰囲気をもたらしてくれます。湿気が多くても蒸れにくく、人の体温に合わせてなじむので寒い冬でもあたたかく過ごせます。耐久性も高く、定期的なメンテナンスを続けていけば長く使えます。使い込むほどに風合いが増すので、その経年変化を楽しむのもいいですね。通気性にも優れていますがホコリやダニは吸着しにくく花粉やペットの毛は入り込まないため、アレルギーのある方やペットを飼っている方にもおすすめです。 ただし熱や水には弱いため、直射日光が当たる場所やストーブやヒーターの近くは避け、水などをこぼした場合は固く絞ったタオルですぐに拭き取ると良いでしょう。  
同じ家具でもカバーの素材によって随分印象も変わります。 実際の生地の質感や色もお確かめいただけますので、無料の生地サンプルをぜひご活用ください。(無料生地サンプルは6色までご用意が可能です。) →生地サンプルのお申し込みはこちらから

快適なワークスペース

長かった梅雨もようやく明け、暑い夏がやってきましたね。こまめに水分補給をしながら無理せず過ごしていきましょう。 こんにちは。source storeのSです。まだまだ長引きそうな自粛生活。リモートワークもすっかり定着しておられる方も多いのではないでしょうか。皆さんのご自宅での仕事環境はいかがでしょう。例えば専用のデスクを設置するだけでも、ON/OFFのメリハリがつき、作業効率もアップしそうですよね。 sourceでも、スペースやライフスタイルに合わせたデスク環境を作れるアイテムをご用意しております。今回は「快適なワークスペース」をテーマに、アイテムをいくつかピックアップしてみましたのでご紹介します。  
■リビングや寝室の一角にワークスペース
リビングや寝室でもデスクを設けることで仕事に集中できる環境を作れます。SALA Desk086はコンパクトなサイズなので空間を圧迫しません。デスクと同じ高さのSALA Low Chest 056は上段がオープンになっているため、ノートパソコンやタブレットなど収納できます。お仕事以外でもお子さまの勉強机やPCデスクとしても使えるため、家族みんなでシェアできます。 限られたスペースの中でより快適な空間を作るためには、壁面を活用してウォールラックを取りつけてもいいですね。   ■広い作業スペースが必要な方には デスクトップパソコンを使用されている方や、資料を置くスペースが必要な方はダイニングテーブルをデスクとして使ってみてはいかがでしょうか。奥行が70cm以上あれば、パソコンと一緒に資料を置くスペースも確保ができます。Y HOPE Dining Table 147は天板の下に棚板がついているため、作業を終えたら資料もすっきりと片付けられます。写真のようにフロアライトやデスクライトを使って、手元を明るく照らすと作業に集中できます。   ■デスクの使用が一時的な方には [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2413,2412"] デスクを長く使う予定がない方は、シェルフを取り入れてみてはいかがでしょうか。程よい高さのあるTOCCO Low Shelf 077スタンディングデスクとしてご使用いただくと、腰に負担もかかりにくく、作業も快適になります。これなら普段はシェルフとしてお使いいただきながらラフに用途を切り替えられ、スペースも有効的に使えますね。   ■長く過ごすワークスペースに彩りを デスク周りに、気分をそっと癒してくれるアイテムを置いてみてはいかがでしょうか。 大切な書類をしっかりと押さえてくれるTOCCO Paperweightはガラスで作られており、光の差し込む角度によってさまざまな表情を見せてくれます。   ■作業効率を上げるBGM 作業中に好きなBGMを聴くとモチベーションも上がり、集中力も期待できます。脳への刺激にもなり、眠気覚ましにもなります。当ブログでは過去に作業の邪魔にならずリラックスできる音楽を紹介しています。スタッフオススメのプレイリストもまとめていますので、ぜひご覧ください。 →「音楽もインテリアのひとつ?」の記事を読む  
部屋やライフスタイルに合わせて自宅でも集中し、仕事ができる環境を作ってみてはいかがでしょうか。 こちらからぜひ、おすすめのアイテムをご覧ください! →快適なワークスペース

家族でお揃いエプロン

月が変わるたびに時間の流れの速さにびっくりしていますが、今月からいよいよ2021年下半期がスタートしましたね。 こんにちは、source storeのmacoです。はっきりしない天気が続いていてジメジメしますが、みなさん体調など崩されてないでしょうか? 皆さんは家事をする時など、エプロンは使う派ですか?私は使う派です。冬になると台所に立つだけで寒いので、袖まである割烹着にしたりと、季節によってスタイルを変えたりもしています。着替えをするのと同じ感覚で、エプロンをつけると気が引き締まり、家事へのやる気も起きるとか起きないとか?(笑) というわけで今回は、source の小物シリーズであるCOMODOより、キッズやメンズサイズまで取り揃えた、家族で使えるエプロンをご紹介いたします。  
はじめてのお手伝いにも [caption id="attachment_2304" align="alignnone" width="300"] 親子でお揃いBackcross Apron[/caption] Backcross Apronは紐やボタンがなく、頭からサッとかぶるだけ。 同じデザインのキッズサイズもあり、お子様でも簡単に着用できます。レクリエーションやお手伝いデビューにいかがですか?親子お揃いコーデでお買い物にも出かけられて、見た目にも可愛いんですよ。 [gallery link="file" columns="4" ids="2310,2309,2300,2301"] 腰回りがゆったりしておりフロント下部分にはスリットも入っているので、動きやすくゆとりのあるサイズ感です。 [gallery columns="2" size="medium" link="file" ids="2315,2316"]  
メンズサイズは人気のカーキ [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2311,2314"] COMODOのエプロンはメンズサイズもご用意しています。カラーはカーキ色。どんなお洋服でも合わせやすく、取り入れやすいカラーです。キャンプなどのアウトドアシーンやDIYで作業する際にいかがでしょうか。 女性でも少しオーバーサイズで着用されたい方におすすめです。 [caption id="attachment_2317" align="alignnone" width="300"] Backcross Apron Men's サイズ[/caption]  
着回し◎。ギャルソンエプロン [caption id="attachment_2305" align="alignnone" width="300"] Garcons Apron[/caption] ベーシックデザインのギャルソンエプロンは、紐を腰に巻きつけるだけ。男女兼用でお使いいただけ、家事以外でもガーデニングなど趣味のシーンにも、こなれた感じでお洒落に着こなせます。結婚、新築、お引っ越しなどへのちょっとしたギフトとしても最適です。 [gallery link="file" columns="2" size="medium" ids="2306,2308"]   [caption id="attachment_2318" align="alignnone" width="300"] Garçons Apronサイズ[/caption]   全てのエプロンには前後にポケットが付いています。スマートフォンは後ろのポケットに収納すれば、水濡れも気になりません。 [gallery columns="2" size="medium" link="file" ids="2312,2313"]  
素材は綿100%、カラーはキャメル、ネイビー、カーキ(メンズのみ)と、ナチュラルでどんなシーンでも取り入れやすいCOMODOのエプロン。 おうち時間が長くなっている今こそ、家族やパートナーとお揃いのエプロンで気分を上げて、自宅での料理やガーデニング、キャンプなどを楽しんだりするのもいいですよね。 今回ご紹介したエプロンはこちらからご覧いただけます。 →COMODOのエプロンを見る そのほか着心地や細かく気になるサイズ箇所がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 →お問い合わせはこちらから

食事に最適なチェア選び

家族とともに過ごすダイニングルーム。より快適な時間にするためにも、ダイニングチェア選びは大切ですよね。 こんにちは。source storeのSです。 普段何気なく使っているダイニングチェアですが、居心地をよくするためには自分に合ったサイズを見つけることが重要です。今回は、ダイニングチェアの選び方についてご紹介します。  
ポイントは「差尺」にある!
チェアに座った時になんだか落ち着かなかったり、座り心地に違和感があるときは、テーブルとチェアの高さが合っていないことが多いです。 そこでポイントとなるのが「差尺」です。差尺とは、テーブル天板までの高さとチェアの座面までの高さの差のことをいいます。この差尺は25~30cmが最適と言われています。この基準よりも短いと、食事をするときに前かがみになり姿勢も悪くなってしまいます。反対に、基準よりも長いと肩や腕が上がってしまい、疲労感も大きくなります。 皆さんもこの差尺を目安として、チェアに座った時に、足の裏が床にぴったりとついて、テーブルに肘を置いたときに直角になっているかを確かめてみましょう。   sourceのダイニングチェア ダイニングルームでは、どのように過ごしていますか?sourceでは、様々なライフスタイルに合わせたチェアをご用意していますので、ここでご紹介してまいります。 ■肘無チェア SALA Side Chair を見る 肘無チェアはすっきりしたデザインで場所もとらず、食事だけでなくデスクチェアとしても使用でき、シーンを選びません。立ち座りもしやすいため、動きやすさを重視する方におすすめです。   ■肘付チェア [gallery link="file" columns="2" size="medium" ids="2362,2358"] ・Y HOPE Arm Chairを見る ・PURO Arm Chairを見る 肘付チェアはアーム部分に肘を預けられるので、ゆったりとくつろげます。食事の後も読書を楽しむなど、ダイニングに長居することが多い方におすすめです。また、アーム部分を支えとして立ち上がりができるので、姿勢も安定します。   ■回転チェア TOCCO Round Chairを見る 座面が回転するチェアなら、椅子を後ろにさげることなく出入りが可能なのでスムーズに立ち座りができます。TOCCOのRound Chairは見た目もカジュアルで可愛らしく、どこかホッとする雰囲気が魅力です。   ■ベンチ [caption id="attachment_2108" align="alignnone" width="300"] BIS Bench を見る[/caption] 数人並んで座れるベンチは、背もたれもないため視界を妨げることもなくすっきりとした印象です。親子で並んで座れるため、小さなお子様のいらっしゃる方、家族人数が多い方、来客の多いご家庭におすすめです。  
部屋の中でもメインとなるダイニングルームだからこそ、部屋の雰囲気に合ったおしゃれなものを使いたいですよね。数センチ高さが違うだけでも座り心地が随分と変わります。ぜひ自分に合ったサイズを見つけて心地よく過ごせるダイニングチェアを選んでみてください。 →ダイニングチェアはこちらから →ベンチはこちらから

SALA 開放的な暮らしへ

source ブランド第三弾シリーズ「SALA」。 SALAとはイタリア語で広間/応接間、イギリスではサロンと呼ばれる部屋を意味します。節入りのオーク材で造り上げ、端正で親しみのもてるスカンジナビアンスタイルでまとめたSALAのアイテムをレイアウトすれば、そこはまるでサロンのようにくつろげる豊かな空間に。 オークの素朴で温かな表情や色目がお部屋を明るく優しく包み込んでくれるような印象で、特に女性を中心に人気を集めています。今回はそんなSALAの特徴やおすすめアイテムについて、ご案内してまいります。  
■節入りオークの魅力 木目に見られる枝の跡を「節(ふし)」と呼びます。木材は成長の過程において枝を伸ばし、葉を開き、養分を蓄えます。枝は成長とともに大きくなり、幹の中には枝の芯である節が残るというわけです。 この節のかたちや木目・色目などは2つとして同じものは存在しません。そんな自然素材ならではの面白みもまた、SALAの魅力のひとつでもあるのです。   ■脚元の丸棒 SALAはすべてのアイテムの脚部にみられる丸棒が特徴のシリーズです。可愛らしく優しい雰囲気ですよね。この脚元によって全体に親しみやすさが感じられ、カジュアルな印象となっています。ボード類においては床面が見えるのでお掃除がしやすい上に、見た目もすっきりとしているのでお部屋も広く見えます。  

- recommend item -

Side Chair  サイドチェア

[gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2602,2603"]

シリーズ共通のデザイン特徴である丸棒を基本に、シェーカーチェアを思わせる端正な美しさで、どこにおいても様になるチェアです。座面には軽量で丈夫な設計を実現するベルトを使用しており、かけ心地の良さにもこだわりました。カバーリング仕様でお洗濯やクリーニングができ、いつでも清潔な状態を保てます。ダイニングだけでなくデスクチェアなど、シーンを選ばずお使いいただけます。  


Dining Table  ダイニングテーブル [gallery columns="2" size="medium" link="file" ids="2468,2635"] 天板下と棚板の間に斜めに渡された「斜交い(はすかい)」の補強により、グラつきが軽減され強度のある構造に。水分や汚れが染み込みにくいウレタン塗装の天板は、程よい艶と優しい木目の落ち着いた雰囲気で、ダイニングルームをパッと明るく開放的な印象にさせてくれます。お手入れが楽で角も丸く、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心です。棚板は、何かと散乱しがちなテーブルの上の小物もサッとしまえて便利です。  
Dining Board  ダイニングボード [caption id="attachment_2622" align="alignnone" width="300"]
SALA Dining Boardを見る[/caption] 上棚のガラス引き戸が微かにノスタルジックでラフな印象。さらに中央部分は背板のないオープン仕様となっているため、重くなりがちなダイニングボードの全体の雰囲気を軽快かつスタイリッシュにまとめています。電化製品のコードも裏に通しやすいですね。お気に入りの雑貨や小物をスタイリングしてリビングでお使いいただくのもおすすめです。 引き出しはすべてフルスライドレール付きで、奥に収納したものも難なく見渡せ、ものの出し入れもスムーズです。  
Chest/Board  チェスト/ボード チェスト・ボード類は高さを72cmに統一しているので、リビング、寝室、ドレッサーにと、場所を選ばず用途やシーンに応じて複数のアイテムを組み合わせても、まとまりのあるすっきりした空間に。ダイニングボード同様、引き出しは全てフルスライドレール仕様のためたっぷり収納しても使い勝手がよく、デザイン性にも機能性にも優れています。  
Easy Chair  イージーチェア [caption id="attachment_2624" align="alignnone" width="300"] SALA Easy Chairを見る[/caption] 穏やかな曲線が美しく、天然木ならではの温かみを感じるアームが印象的なイージーチェア。オットマンをセットすれば脚をゆったりと伸ばせて、お一人でまったり過ごせるパーソナルチェアとして使えます。 [gallery columns="2" link="file" size="medium" ids="2592,2593"] 背面も美しく、360度どの角度から眺めても絵になるフォルムです。  
■次回は、SALA 収納特集! 誰もが親しみやすく馴染みやすいナチュラルな雰囲気で、暮らしのそばにそっと寄り添ってくれるSALAの各アイテム。自然と人が集まるリビングダイニングから単身住まいの方のお部屋まで、あらゆる生活空間を広く開放的に感じさせてくれます。 中でもチェスト・ボード類は先ほどもご紹介した通り、高さが統一されていて組み合わせしやすく、物の量や設置するスペースに合わせて上手にレイアウトすることで、雑多なものをすっきりとお片付けできる優れもの。 次回はそんなSALA の収納アイテムにフォーカスをあてたコーディネートをご紹介いたします。ぜひお楽しみに! → SALAの商品を見る