21.07.21
  • ブログ

快適なワークスペース

長かった梅雨もようやく明け、暑い夏がやってきましたね。こまめに水分補給をしながら無理せず過ごしていきましょう。
こんにちは。source storeのSです。まだまだ長引きそうな自粛生活。リモートワークもすっかり定着しておられる方も多いのではないでしょうか。皆さんのご自宅での仕事環境はいかがでしょう。例えば専用のデスクを設置するだけでも、ON/OFFのメリハリがつき、作業効率もアップしそうですよね。
sourceでも、スペースやライフスタイルに合わせたデスク環境を作れるアイテムをご用意しております。今回は「快適なワークスペース」をテーマに、アイテムをいくつかピックアップしてみましたのでご紹介します。

 


■リビングや寝室の一角にワークスペース

リビングや寝室でもデスクを設けることで仕事に集中できる環境を作れます。SALA Desk086はコンパクトなサイズなので空間を圧迫しません。デスクと同じ高さのSALA Low Chest 056は上段がオープンになっているため、ノートパソコンやタブレットなど収納できます。お仕事以外でもお子さまの勉強机やPCデスクとしても使えるため、家族みんなでシェアできます。
限られたスペースの中でより快適な空間を作るためには、壁面を活用してウォールラックを取りつけてもいいですね。

 

■広い作業スペースが必要な方には

デスクトップパソコンを使用されている方や、資料を置くスペースが必要な方はダイニングテーブルをデスクとして使ってみてはいかがでしょうか。奥行が70cm以上あれば、パソコンと一緒に資料を置くスペースも確保ができます。Y HOPE Dining Table 147は天板の下に棚板がついているため、作業を終えたら資料もすっきりと片付けられます。写真のようにフロアライトやデスクライトを使って、手元を明るく照らすと作業に集中できます。

 

■デスクの使用が一時的な方には

デスクを長く使う予定がない方は、シェルフを取り入れてみてはいかがでしょうか。程よい高さのあるTOCCO Low Shelf 077スタンディングデスクとしてご使用いただくと、腰に負担もかかりにくく、作業も快適になります。これなら普段はシェルフとしてお使いいただきながらラフに用途を切り替えられ、スペースも有効的に使えますね。

 

■長く過ごすワークスペースに彩りを

デスク周りに、気分をそっと癒してくれるアイテムを置いてみてはいかがでしょうか。
大切な書類をしっかりと押さえてくれるTOCCO Paperweightはガラスで作られており、光の差し込む角度によってさまざまな表情を見せてくれます。

 

■作業効率を上げるBGM

作業中に好きなBGMを聴くとモチベーションも上がり、集中力も期待できます。脳への刺激にもなり、眠気覚ましにもなります。当ブログでは過去に作業の邪魔にならずリラックスできる音楽を紹介しています。スタッフオススメのプレイリストもまとめていますので、ぜひご覧ください。
→「音楽もインテリアのひとつ?」の記事を読む

 


部屋やライフスタイルに合わせて自宅でも集中し、仕事ができる環境を作ってみてはいかがでしょうか。
こちらからぜひ、おすすめのアイテムをご覧ください!
→快適なワークスペース