21.07.28
  • 特集

SALA 開放的な暮らしへ

source ブランド第三弾シリーズ「SALA」
SALAとはイタリア語で広間/応接間、イギリスではサロンと呼ばれる部屋を意味します。節入りのオーク材で造り上げ、端正で親しみのもてるスカンジナビアンスタイルでまとめたSALAのアイテムをレイアウトすれば、そこはまるでサロンのようにくつろげる豊かな空間に。

オークの素朴で温かな表情や色目がお部屋を明るく優しく包み込んでくれるような印象で、特に女性を中心に人気を集めています。今回はそんなSALAの特徴やおすすめアイテムについて、ご案内してまいります。

 


■節入りオークの魅力


木目に見られる枝の跡を「節(ふし)」と呼びます。木材は成長の過程において枝を伸ばし、葉を開き、養分を蓄えます。枝は成長とともに大きくなり、幹の中には枝の芯である節が残るというわけです。
この節のかたちや木目・色目などは2つとして同じものは存在しません。そんな自然素材ならではの面白みもまた、SALAの魅力のひとつでもあるのです。

 

■脚元の丸棒


SALAはすべてのアイテムの脚部にみられる丸棒が特徴のシリーズです。可愛らしく優しい雰囲気ですよね。この脚元によって全体に親しみやすさが感じられ、カジュアルな印象となっています。ボード類においては床面が見えるのでお掃除がしやすい上に、見た目もすっきりとしているのでお部屋も広く見えます。

 


– recommend item –

Side Chair  サイドチェア

シリーズ共通のデザイン特徴である丸棒を基本に、シェーカーチェアを思わせる端正な美しさで、どこにおいても様になるチェアです。座面には軽量で丈夫な設計を実現するベルトを使用しており、かけ心地の良さにもこだわりました。カバーリング仕様でお洗濯やクリーニングができ、いつでも清潔な状態を保てます。ダイニングだけでなくデスクチェアなど、シーンを選ばずお使いいただけます。
 


Dining Table  ダイニングテーブル

天板下と棚板の間に斜めに渡された「斜交い(はすかい)」の補強により、グラつきが軽減され強度のある構造に。水分や汚れが染み込みにくいウレタン塗装の天板は、程よい艶と優しい木目の落ち着いた雰囲気で、ダイニングルームをパッと明るく開放的な印象にさせてくれます。お手入れが楽で角も丸く、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心です。棚板は、何かと散乱しがちなテーブルの上の小物もサッとしまえて便利です。

 


Dining Board  ダイニングボード

上棚のガラス引き戸が微かにノスタルジックでラフな印象。さらに中央部分は背板のないオープン仕様となっているため、重くなりがちなダイニングボードの全体の雰囲気を軽快かつスタイリッシュにまとめています。電化製品のコードも裏に通しやすいですね。お気に入りの雑貨や小物をスタイリングしてリビングでお使いいただくのもおすすめです。

引き出しはすべてフルスライドレール付きで、奥に収納したものも難なく見渡せ、ものの出し入れもスムーズです。

 


Chest/Board  チェスト/ボード


チェスト・ボード類は高さを72cmに統一しているので、リビング、寝室、ドレッサーにと、場所を選ばず用途やシーンに応じて複数のアイテムを組み合わせても、まとまりのあるすっきりした空間に。ダイニングボード同様、引き出しは全てフルスライドレール仕様のためたっぷり収納しても使い勝手がよく、デザイン性にも機能性にも優れています。

 


Easy Chair  イージーチェア

穏やかな曲線が美しく、天然木ならではの温かみを感じるアームが印象的なイージーチェア。オットマンをセットすれば脚をゆったりと伸ばせて、お一人でまったり過ごせるパーソナルチェアとして使えます。

背面も美しく、360度どの角度から眺めても絵になるフォルムです。

 


■次回は、SALA 収納特集!


誰もが親しみやすく馴染みやすいナチュラルな雰囲気で、暮らしのそばにそっと寄り添ってくれるSALAの各アイテム。自然と人が集まるリビングダイニングから単身住まいの方のお部屋まで、あらゆる生活空間を広く開放的に感じさせてくれます。
中でもチェスト・ボード類は先ほどもご紹介した通り、高さが統一されていて組み合わせしやすく、物の量や設置するスペースに合わせて上手にレイアウトすることで、雑多なものをすっきりとお片付けできる優れもの。
次回はそんなSALA の収納アイテムにフォーカスをあてたコーディネートをご紹介いたします。ぜひお楽しみに!

→ SALAの商品を見る