21.08.27
  • 特集

コンパクトに暮らすインテリア

限られた空間でも心地よく暮らしたいですよね。今回は「コンパクトに暮らすインテリア」をテーマに、限られたスペースでも活躍してくれる家具や空間をうまく使えるアイテムをご紹介します。

 


■ダイニングソファで空間を有効に

ダイニングソファは食事をするだけでなく、リビングでくつろぐソファとしての役目も果たしてくれるので、空間を広々と使えます。BIS LD セットは、ダイニングとリビングを兼用でお使いいただけます。BIS Stoolは来客時にあると便利に使えます。使わないときはテーブル天板の下に収納でき、お部屋をすっきりと保てます。

■一人掛けソファを取り入れる

一人掛けのソファは置くだけで部屋のアクセントになり、コンパクトなサイズなので場所もとらず、空間を有効に使えます。自分専用のチェアなので、自分に合った座り心地のものを選ぶことができ、ゆっくりとくつろげます。

 

■スリムで用途に合った収納家具

sourceの家具は幅が100cm以下のスリムな収納家具を多数ご用意しております。
食器やオブジェをコレクションしている方は、PURO Cabinet 084を使うと収納も兼ねながらディスプレイも楽しめます。本やCDが多い方TOCCO Book Shelfがおすすめです。スリムなサイズながらも大容量で収納でき、奥行きもコンパクトなのでお部屋に圧迫感も与えません。

文房具や書類など雑多なものをすっきり収納したい方SALAの収納アイテムがおすすめです。収納したいものに合わせて、市販されているトレーを活用して整頓すると使い勝手もよくなります。
シーン別にSALAの収納アイテムをご紹介している記事がございます。ぜひこちらもご覧ください。→「SALA 暮らしになじむ収納」の記事を読む

 

■多用途で使える家具を選ぶ

使い道が多岐にわたるアイテムは、お部屋の様々なシーンで活用できるのが嬉しいですよね。1台で何役も使える家具は、ライフスタイルが変わっても、用途を変えて長く愛用できます。TOCCO BenchNight Tableはコンパクトでどのお部屋にも馴染みやすいアイテムです。過去にTOCCO BenchNight Tableの使い道についてご紹介している記事がございます。ぜひこちらもご覧ください。


→「TOCCOベンチの活用術」の記事を読む


→「どこでもナイトテーブル」の記事を読む

 


広々とした空間でなくても、選ぶインテリア次第で居心地のよい空間は実現できます。お部屋や用途に合わせて、お気に入りの家具を見つけてみてはいかがでしょうか。
こちらからぜひ、おすすめのアイテムをご覧ください。
→コンパクトに暮らすインテリア