21.06.07
  • 特集

替えカバーで模様替え

6月に入り、夏服への衣替えの季節になりましたね。
衣類を衣替えするように、チェアやソファも衣替えをしてみませんか。

sourceのチェアやソファはカバーリング仕様となっており気分や季節に合わせて、手軽に色替えができます。
(PURO Arm Chair、Side Chairは張り込みにつき、シートの買い替えが可能です。)
模様替えといえば、家具の配置を変えるなど大がかりなことをイメージしてしまいますがカバーを替えるだけで、手軽に部屋の印象を変えられます。

今回はY HOPEソファで衣替えをしてみました。

 

秋冬にぴったりな深い色合いのA1/9 ミッドナイトから、淡いトーンのC1/4170 ベージュに替えてみました。
彩度も低く、暑苦しくならないカラーは、さわやかさを感じます。

 


上品で洗練された印象のC1 / 4170 ベージュは、他の色とも相性がよく、使い勝手のよいカラーです。クッションなどで好きなカラーを取り入れてみましょう。写真のように鮮やかなカラーをアクセントカラーとして選んでも失敗もしにくいのでオススメです。今までトライしたことのないカラーを小物で取り入れて自由に楽しんでみましょう。

 


替えカバーを2色揃え、バイカラーで楽しんでみてはいかがでしょうか。写真は、座面にA1/9 ミッドナイト、背クッションはC1 / 4170 ベージュのカバーでコーディネートしてみました。シックで落ち着いたカラーの組み合わせは、気持ちも安らぎます。自分だけのカラーリングでカスタムしてみては。

sourceのカバーリング生地は、布、PVC、本革があり、全40色からお選びいただけます。生地見本サンプルは6色までご用意が可能です。ぜひお気軽にお申込みください。
→生地見本サンプルはこちらから

 


カバーリング生地の中でも、経年変化を楽しめる8号帆布の生地もございます。
(生地紹介ページはこちらから→使うほど育つ生地

 

 

季節やライフスタイルに合わせて、カバーを替えてコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。
こちらからぜひ、カバーリング生地をご覧ください!
→替えカバーで模様替え